「逆ダイエット」 2023年1月18配信号

【 つれづれ。。。 】

例年とは異なり、今年は「逆ダイエット」に励もうと考えているSeoulLife Records店長の小杉です。

逆ダイエット

でございます。

と、申しますのもですね、この数年は店長小杉は171cmの身長に対して62~3kgの体重であったのですよ。

まあこの身長の成人男性としてはごくごく平均的な重さでして、これをキープする努力は続けていたのでございます。

ただ先日ですね、安普請の店長小杉宅の給湯設備の不具合でやむなく銭湯に行かなければならない機会がございまして。

そこにはまあ体重計がある訳ですよ。

このお正月は自主隔離やらでもっぱら寝っ放し、これはもう正月太りもなかなかのものであろうと乗ってみるとですね。

「53kg」

位置を変えたりして何度か計り直してみてもやっぱり53kg。

10kgも減っているのですよ。

流石にこの減り加減はちょっと健康的体力的な面でマズいのではなかろうかと思いまして。

思えば最近疲れやすくなってきたような気もしてまいります。

そこで逆ダイエット、と相なった次第でございますね。

方法は簡単でございますよ、とにかく食えばいい訳ですから。

例えば朝食にパン、昼食にカツ丼とうどん大盛セット、夕食に辛ラーメンと唐揚げ6個、夜食に焼きそばパン、さらにポテチ、御酒はビール、そういう食生活が店長小杉が実践する逆ダイエットでして。

で、少し続けてみて分かった事があるのです。

「太るには痩せるのと同じ位お金がかかる」

食費も間食代もバカにならないのですね。

じゃあこのまま痩せていればとも思うのですが、何事も過ぎたるは、でございましてやはり健康面が気になります。

さりとて太ったら太ったで今度は痩せる為にあれやこれやとお金を使うのも目に見えております。

そうして思い悩んだ挙句に辿り着いた先に真理を見つけた気がしたのですよ。

即ち

「どのような形であれとりあえず生きる事にはお金がかかる」

そういう事でございまして。

ただこれを書いている今、これは真理云々ではなくごくごく普通の事ではなかろうかという気もしつつですね、急ぎ書き上げなければならない今回はこの辺りで御開きとさせて頂きたい次第で。

ふつおた(普通のお便り)」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

 

 

タイトルとURLをコピーしました