「フェイクメールマガジン」 2020年12月8日配信号

【 つれづれ。。。 】

今週はですね、諸般の事情にて巻末の内容を考える時間も書く時間もほぼほぼ無い、というSeoulLife Records店長の小杉です。

そんな、そんな時はですね、久しぶりにこのコーナーに総てを賭けてみよう、そう思う次第でございまして。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー
======================

さてさて。
読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>店長小杉の人生相談
>―今回も散歩をしながら人生相談と言う趣向だが
>さっきからチアガールが我々を取り囲み
>歩くのに邪魔だしやかましい
>えっ、彼女たちが一人の男性に集中して蹴りを浴びせて
>男性が倒れてもそのまま踏みつけ続けている
>あれ、彼女たちが今度はこちらに向かってきた
>店長小杉!
>店長小杉を胴上げしながらチアガールたちは去って行ってしまった
>これはいったいどういうことか
>(1時間後)
>ーあのチアガールは

>NFLのチアガールの精鋭25人を店長小杉への貢物として
>アメリカ政府が贈って来た。向こうもトップが代わるから
>今後もよろしくと言う挨拶のつもりだろうね。

>―男性をボコボコにしていたが

>彼は日本政府が僕に差し向けたヒットマンだろうね。
>彼女たちはそれにいち早く気付いて彼を抹殺したわけだ。
>いわば新必殺技店長小杉メリケンチアガールブーツアタック
>と言ったところだね。
>(つづく)
>(聞き手 光源氏Ⅱ世)

果たしてこのコーナーに賭けた事、総てを賭けてしまった事が正解だったか悩み始めている店長小杉です。

昨今店長小杉の興味が欧米系の女性の方々、昭和な表現で申せば金髪美女、これに向いているという事からこの内容なのでございましょう。

まあしかし現実、事実から遠くかけ離れた内容ではございますよ、ええ。

まずNFLではなくNBAのチアガールなのですよ。

全員マイアミ・ヒートのメンバーでございます。

アメリカ政府も当初は確かにNFLからの派遣を申し出てはおりましたが、店長小杉はアメフト観戦は好きなもののいまだにルールがよく分からない、と一旦はハネつけたのですよ。

ならば店長小杉はどのスポーツならルールがある程度分かっているのか、店長小杉は陸上競技経験者だからそこのルールは確かだろうが陸上競技にはチアガールは無いぞ、等々白熱の議論の末に最終的にNBAからの派遣に着地いたしまして。

そして25人という人数も全く異なるのです。

アメリカ政府も当初は確かに25人の派遣を申し出てはおりましたが、零細CDショップ店長の収入では25人の女性を養う事なぞ到底無理、とこれも一旦ハネつけたのですよ。

それはもう申し出たアメリカ政府側が全額を出すべきだ、という事で。

しかしアメリカ政府側も昨今厳しい予算編成上25人全員の生活費を持つ事はできない、という主張を展開いたしまして、白熱の議論の末に最終的にNBAのオフシーズンのみで5人の派遣、全員の生活費サポート付き、という形に着地いたしまして。

問題はチアガール達の勤務時間は午前9時から午後5時まで、それ以降の勤務が必要な場合は1人1時間あたり100ドルを店長小杉負担で、という契約になっている事でございますね。

おそらく通訳が取り違えたのでございましょう、店長小杉側は「午後5時から午前9時まで」の勤務を希望していたのですよ。

アメリカ政府側には

「これは非常に重要な問題なので、これを修正するまではチアガール達を受け入れる事はできない」

と伝えておりまして現在再協議中、店長小杉はやはり孤独なまま、という状況でございます。

現実、事実に即した事が何一つ書かれていない今回の酷いにも程がある内容の駄文はこのあたりで唐突にサラリと御開きとさせて頂きたい次第で。

この巻末で紹介される「ふつおた(普通のお便り)」のコーナー宛の
メールは件名を「ふつおた」で、order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました