「女子カーリング世界選手権」 2019年3月19日配信号

【 つれづれ。。。 】

おそらく何度も書いている事ではございますが、滅多な事で
テレビを観ないSeoulLife Records店長の小杉です。

店長小杉宅にはテレビが無いのでございますよ。

手持ちの携帯電話も大変古いものでテレビの受信機能がございませんで。

N○Kの受信料を徴収?しに来られた方にも

「一体どうやって情報を入れられてるんですか?」

と呆れ顔で云われる始末ですよ。

そんな店長小杉がテレビを観るタイミング、と申せば
もっぱら御食事所等々の外の御店で、でございます。

で、御店でございますからして当然ながらチャンネルの選択権
なぞというものは無く、その時流れているものを有難く観る、
そういう受動型テレビ観賞スタイルなのでして。

この週末に観たのは女子カーリングでございましたか。

不勉強なもので知っているのは石を投げて、違う石に当てたり当てなかったり、
程度のもので全くルールを知らないのですよ、カーリングの。

ただ知らないなりに何とか理解しようと観続けておりますと、
それなりにではございますが何となく分かってきたような気がするのですね。

とりあえず丸印の外に相手の石を弾き出して、自分の石が丸印の中に
残っていれば良い、と。

で、石を投げる人が居て、モップのようなもので掃いて行き先をコントロールする人が居る、と。

どうやら野球の守備位置のように、投げる人は投げる人でずっと投げる、
掃く人は掃く人で掃き続ける、という事で固定の役割分担があるらしい、と。

そしてまあ、その役割分担について試合が終わる直前に気づいたのです。

「投げる人の髪型がちょくちょく変わっていやしますまいか?」

恐ろしい事でございますよ。

全員投げるのですね。

そしてその全員を「一人」だと思っていたのです。

皆さん若くて見目麗しい女性の方揃いでございますがしかし、
単純にそれぞれの方が本当に似ておられるのか、あるいは持病からくる視力の低下で
このように思ってしまったのか、はたまた店長小杉の加齢によって
「若い子はみんな同じに見える」現象が脳内で始まってしまったのか。

自分でも判断が付きかねるままに御店を後にして考えたのですが、
もし最後の「若い子はみんな同じに見える」のであればですよ。

これはもう彼女を作るとなれば「若い子」さえ選んでおけば
もはや外見は関係無い、という事になりますまいか。

みんな同じに見える訳ですからして。

後は純粋に性格や考え方で相手を決められる、そんな、そんな人間としての
成熟の階段を一つ登った、これは進化ではあるまいか、と。

ただただ性格の曲がった人間が老化しただけ、という説は横に置いて
次のコーナーに参りたい次第で。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>店長小杉の俺にも言わせろ!(第264回)
>ー先週休んだ分、今回は取り返さないとな
>あ電話だ。

>もしもし店長小杉だが
>電車が謎の爆発を起こして全線運休なんだ。

>ー店長小杉はご無事ですか。

>実は重傷を負って病院から電話しているんだ。

>ーそれはわざわざご連絡いただき申し訳ありません。
>インタビューのことはお気になさらずに
>十分にご静養なさって下さい。

>病室で次回分の構想を練っているところだ
>楽しみにしてくれたまえ。
>(聞き手 クネ蛸記者)

>デスラー

>デスラーは顔色の悪いドイツ人みたいだ

毎回思う事ではあるのですが、ここに出てくる店長小杉は
何故だかアメリカンドラマの吹き替えのような話し方だと思う店長小杉です。

少しばかり入れ替えてみてもニュアンスは変わらないではありませんか。

>もしもしジャック・バウアーだが
>電車が謎の爆発を起こして全線運休なんだ。

>もしもしスカリー、モルダーだが
>UFOが謎の爆発を起こして全機墜落なんだ。

>もしもしハリー・キャラハンだが
>俺のマグナムが謎の爆発を起こして全弾命中なんだ。

>もしもし武豊だが
>馬が謎の爆発を起こして全馬欠場なんだ。

この流れからさらに実際の店長小杉に入れ替えてみたらどうでしょう。

>もしもし店長小杉だが
>CDの注文が謎の爆発を起こして全部完売なんだ。

これは実際ではない、という所と余りにも内容が散らかりすぎた、
という二点に気づいた所で今回はお開きとさせて頂きたい所存で。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す