「2月22日は何の日?」 2019年2月23日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日2月22日、これが「猫の日」である事をたった今知った
SeoulLife Records店長小杉です。

いや「2」を「ニャー」と読むのは若干の無理がありはしますまいか、
とも思うのでございますが、これはまあ遊び心、連想、というもので
ございましょうよ。ええ。

「2」が3つで「222」、ニャーニャーニャー、ですか。

個人的には「222」はニイニイニイ、と読んでしまいますが。

で、連想ですか。

ニイニイニイ。

ニイニイゼミ。

新沼謙治。

左官職人こね太郎。

すし太郎

ピコ太郎。

タロ。

ジロ。

南極物語。

高倉健。

自分、不器用ですから。

日本生命のCMでしたっけ。

日本代表。

侍ジャパン。

なでしこジャパン。

澤穂希。

澤田研二。

それは沢田研二の本名。

憎みきれないろくでなし。

以上を以て2月22日は「憎みきれないろくでなしの日」と制定いたします。

読者の紳士淑女の皆様には今週は相当に書く事が無かったのだな、
という同情の目と温かな気持ちでもって爽やかに読み飛ばして頂く事を
お願いしつつ、次のコーナーなのでございます。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>店長小杉の俺にも言わせろ!(第260回)
>ー店長小杉の初恋について聞きたい

>小学校の時イタリア人の女の子が転校して来てね
>今にして思えばそれが初恋だったのかな。

>ー何事もインターナショナルな店長小杉らしい

>ハーフだったのかな
>普通に日本語は話せたのだが
>見た目が違うから孤立していたね。
>そんな彼女を守りたいと思ったんだ。

>ーさすが日本には珍しい騎士道精神の持ち主
>店長小杉だ

>彼女にも言われたよ
>小杉君はほかの日本人とは違うって。

>ーそれはもしかして告白なのか

>いや店長小杉からパスタの匂いがすると言うだけの
>他愛のない話だ。

>ー色気よりも食い気と言ったところだ、それでその後は

>結局イタリアに引っ越すとかで
>半年くらいで転校して行った。
>僕が世界を放浪してた時には意識しなかったが
>もしかするともう一度彼女に会えるかもと言う
>想いがあったのかも知れないね。
>(聞き手 クネ蛸記者)

>初恋

>初恋のあの子に好きと言えず
>スカートをめくったら
>逮捕された

イタリアでもフラれた事のある店長小杉です。
まあ御食事の御誘いを断られただけ、なのですが。

ちなみにパスタは大好きでして、ほぼ毎日食しておりますので
若干体臭の中にパスタの香りはあるかも知れません。

何かとオリーブオイルをかけて食す癖もございますので、
オリーブの香りもするかも知れませんですね。

そんな、雑誌「LEON」の取材がいつ来てもおかしくないような
イタリアンな食生活を送っている店長小杉ではございますが、
初めてこの駄文を読まれた方に変な勘違いをされないようにご説明をいたしますと、
顔面は「イタリア」というよりは「モンゴル」のほうが
おそらくは雰囲気として近しいものがございます。

よく知りませんがモンゴルでもおそらく田舎のほうでしょう。

それにパスタだ何だとは申しましても特段気取った御店に行く訳でもなく、
御会計の時に千円札を出せばそれなりの御釣りが返ってくる、
極めて庶民的大衆的な御店で頂いておりますよ。

LEON編集部もこれでは店長小杉に着目する理由がございますまい。

ちなみに中年男性の加齢臭は「パスタの匂い」ではなく「焼きソバの匂い」
だそうでございまして、近くで嗅いでくれる方が居ないため
まだ何とも云えませんが、こちらの可能性は強くは否定できないのでございます。

そんなこんなで今回巻末が全体的に散漫な配信号ではございましたが、
考えてみれば巻末はいつも散漫、左程普段とは変わらないのではなかろうか
という事でもってお開きとさせて頂きたい所存で。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す