「S&B『さんしょうの粉』」 2018年10月19日配信号

【 つれづれ。。。 】

今更御食事処のテーブルの上によく置いてある緑のキャップの山椒、
あれが意外に高いという事を知ったSeoulLife Records店長の小杉です。

さて。

と、申しますのもですね、ほぼ毎日行くと申して過言ではない程に
贔屓にさせて頂いている御食事処でサラダを食べる時、
和風ドレッシングの上からその緑のキャップの山椒をかけて食する、
これが好みでございまして。

ただ2週間以上前位ですか、その御食事処の山椒が切れてしまいまして。
キャップを開けて山椒をポンポンと振るのですが出てこないのですよ。

それはまあ、中身が無いものはどう振っても出てこないでしょうが。

で、ここでですよ、

「すみません、山椒が切れてしまったのでございますが」

と一言云えれば良いのですが、自他共に認める小市民中の小市民、
小心者中の小心者、ガラス細工のハートを震える手で日々持ち運ぶ
店長小杉にはそれがなかなか云えないのですね。

御食事処に来る度にポンポンと振って、出ない。

これがですね、3日経ち、1週間経ち、2週間経ってまだ山椒が出ない、
と空の容器をサラダの上で振りつつ嘆いていた時ですよ、ふと思ったのですね。

お店の方は店長小杉が山椒を振る所は少なからず見ている筈。

「振っているのだから出ているだろう」

つまり中身はまだあるであろう、と思われているのではあるまいか・・・と。

数日振るのを止めてみたのでございます。

2、3日後ですか、山椒は補充されておりました。

「そこにあるかのような行為」が「そこにある」を指し示す事もある、
即ち店長小杉が40半ば独身彼女無しなのは、無意識にどこかで
「既に彼女或いは妻が居るかのような行為」をしてしまっている事が
「彼女或いは妻が居る事」を指し示してしまい、世の独身女性の方々を
知らず知らずのうちに遠ざけてしまっているのではあるまいか・・・と。

そんな事を考えながらスーパーの棚に並んでいる山椒を手に取った時、
意外なお値段についに手が出ず冒頭の書き出しとなった小市民中の小市民
なのでございました。

CDショップ店長職の生活水準の低さをチラりと匂わせつつ
爽やかに次のコーナーに参りたい次第でして。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>SMAP再結成!?渦中の店長小杉さんを直撃!
>ーそもそもジャニーズとはどういうつながりで。
>かれこれ30年昔になりますか。恥ずかしながら兵庫県に小杉という美少年がいる(笑)
>ということでスカウトに来たわけです。
>ーそれでジャニーズ事務所にお入りになったのですか。
>うちは両親が伴天連で芸能関係は一切NGでしたね。親に隠れてこっそり
>ヘビメタを聴いてるような少年時代でした。ただメリー(喜多川)さんとは連絡を
>取り続けていて、そのつながりで(藤島)ジュリーさんとも面識があることは確かです。
>ーSMAP再結成のうわさに関してはどう思われますか。
>一匹狼のキムタクは問題ないとして中居くんはジャニーズに残ったことで
>相当イメージダウンしましたよね。ジャニーズに残った2人でスマップを
>再結成することは中居くんにとって切実な問題なんじゃないかな。
>ーずばり、店長小杉さんはSMAP再結成に参加なさるのでしょうか。
>いやぁ私は店長職が忙しいうえに最近は政治に関しても色々と思うところがあって
>芸能活動をやる余裕なんかないですよ。
>ー最後にSMAPが再結成する場合のアドバイスか何かお願いします。
>私の職業(韓国CDショップ店長)的には東方神起という2人組になっても
>人気が持続してるケースがあるんでキムタクと中居くんのSMAPにも可能性は
>十分あるでしょう。私なんかいない方が寧ろいいですよ(笑)
>あとは彼らも年齢相応の音楽を提供するという意識の切り替えが必要だと思いますね。
>韓国で盛んな演歌メドレーを今の彼らがやったら面白いと思いますよ。
>(聞き手:クネ蛸記者)

>秋の街角

>全体的にスカート長過ぎ

ジャニーズに入れるならそれはもう零細CDショップ店長職なぞ明日にでも
笑顔でもって辞めるであろう店長小杉です。

何でございましょう、そういう所、芸能事務所ですか、そこに入るきっかけで
イメージとしてポンと出てくるのがですよ

「お姉ちゃんが勝手に応募していた」

「友達の付き添いでオーディションを受けに行ったら自分が受かってしまった」

的な事でございますね。

残念ながら店長小杉、姉は居らず友人達も同じく40半ば、この年齢で友人から
オーディションを受けに行きたいから付き添いで来てくれと云われてもですよ。

「なあ小杉、俺来週ジャニーズのオーディションを受けに行きたいんだけど、
独りじゃ恥ずかしいから付いて来てくれないかな」

・・・どう対応して良いものやら分かりませんですよ。

恥ずかしいという歳でもなかろうというのも何だか違いますし、何なら行く事自体が
恥ずかしい事だぞという説得もおそらくこの状況では通りますまい。

相手はもう心を決めてしまっている訳ですから。
どういう経緯かは分かりませんが。

とりあえず了解したフリをして身内の方に連絡を取って、何処か病院だか
心療内科だかに連れて行くようにお願いするでしょうか。

付き合いの長い友人であれば自ら病院に連れて行くかも知れませんよ。
一体どんな艱難辛苦が彼をこんな風にしてしまったのだろうと考えながら。

で、まあそんな友人を差し置いて独りジャニーズのオーディションを受けに行った
店長小杉がもし受かったらばですよ、グループではなくソロデビューでお願いしたい、
そんな風に考えている事を表明した上で、このままフンワリと締めくくりと
させて頂きたい次第でございます。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す