「東海道五十三次の所要日数」 2018年8月31日配信号

【 つれづれ。。。 】

徒歩でゆく東海道五十三次、今週は草津を出発して三条大橋に
到着いたしましたSeoulLife Records店長の小杉です。

さて。

さて、ではありませんよ、今年の書き出しに採用しております

「徒歩でゆく東海道五十三次」

ですが三条大橋という事はですね、つまり五十三次の最終目的地、
8月末にしてゴールに到着してしまったという事ですよ。

正直申し上げまして、これを始めた年始にはこの年内での
ゴールを危ぶんでいたのですよ。

東京から京都までを徒歩、なのですから。
考えるだに恐ろしく途方も無い距離でございます。

あるいは12月辺りにラストスパートで相当な距離を歩かねば
ならないのではあるまいか、はたまた結局それでも到着できない
のではなかろうか、その場合の言い訳は何にしたものか、
とまで考えておりました。

自分でも意外ではございましたが、しかし何であれゴールに辿り着く事、
これは非常に嬉しく、そして辿り着くまでの旅路が終わる事に対する
一抹の寂しさ、これもございますね。

しかしこれで今年の書き出しテーマであった「徒歩でゆく東海道五十三次」
の旅は終わったのです。

8ヶ月、短いような長いような旅路でございました。

で、この歩数計、ゴールに到着した折にはその成績に応じて
「称号」が頂けるのですね。

今回頂いたその「称号」ですが

『信じられないほどの運動不足』

・・・という称号でして。

いやいや、これは大健闘ではなかったのか、何かの間違いではないのか、
と調べてみますとですね、昔の人はこの距離を

「約2週間」

程度で歩いていたようで。

今回店長小杉はそれを32週間かけて歩いた訳ですから、
確かにそう云われても仕方の無い所もございます。

しかし、しかしですよ、昔の人は「歩く事」にさえ集中すれば良かった訳で、
「歩く事以外」に専ら集中しないといけない現代社会に生きる店長小杉と
比べる事は些か無理があるかも知れませんですね。

とまあそんなこんなで書き出しのテーマを失いまして、来週から
どんな書き出しにしたものか頭を悩ませつつ、次のコーナーなのです。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>月末に8千円ほど余っておりまして
>これは久々に貯金に廻せると踏んでおりましたが
>アマゾンからおすすめ品のメールが来まして
>ガレージ・サイケもののコンピがバーゲン価格で1200円!
>即座に買おうと思ったのですが
>アマゾンは2千円未満だと配送費がかかるから
>配送費をけちるためにもう一枚CDを買うと言う
>アマゾンの術中にはまりまして
>前述のメールで同じく紹介されていた
>ニュージーランド産ポップ・サイケ
>バーゲン価格1400円を加えることにしました。
>しかし、ここまで来ると
>せっかくのバーゲン価格なんだから
>もう一枚何か買って行こうと言う思考回路に支配されまして
>熟考の末、テキサス・ガレージ1400円を追加して
>8千円はこの時点で4千円になったのでした。
>さぁ寝ようと思って
>買ったまま放っておいた桑江知子のCDを聴いていたら
>ジャケットにカビが生えているのを発見。
>即座に千円のCDだからもう一枚買おうと思って
>アマゾンでは品切れでしたがタワレコでは在庫あり。
>しかし、タワレコは1500円未満だと配送料がかかるので
>それじゃあもう一枚千円のCDを買おうと思って
>オールディーズ系のCDを一枚追加。
>4千円は2千円に姿を変えたのでした。
>ここまで来ると先程アマゾンで見かけた
>英国泡沫サイケ二種がどうしても気になって
>バーゲン価格ではないのでマーケットプレイスからの購入で
>二枚合計で3千円強。
>結局、貯金どころか千円ほど貯金をおろす結果になってしまいました。
>来月こそは衝動買いを慎もうと決心するクネ蛸囃子でした。

>宿題

>夏休みの宿題は
>二学期になったら始めよう

その衝動を毎月余す所無く存分に当店で発揮して頂きたいと
切に切に願う店長小杉です。

店長小杉もCDショップ店長という職に就いてすら、
CD連続購入衝動に駆られる事がございますね。

ただ昨今若干その衝動の「方向性」がCDから他の物に変わってまいりまして、
今月の店長小杉の衝動買いは、自分のお店のものながら

2019 MAXQ MUSCLE QUEEN CALENDAR [韓国暦カレンダー]
https://store.shopping.yahoo.co.jp/seoul4/spmx1000002569.html

手元に到着した折にはこれをビシッと壁に掛けてですね、
キムチをアテに韓国産の焼酎で一杯、という算段でございます。

ええ、宣伝ではございませんとも。

そもそもですね、

「これ、日本のお客さんは欲しいですかね?」

という韓国事務所スタッフの疑問、己の中の同じ疑問、それら総てを押し切って、
まず自分が欲しいから取り扱うのだという一品でございますからして。

そして今数件でもご注文を頂くと、韓国事務所に置いてある店長小杉用のものが
在庫に回されてしまう危険性もあるため、宣伝ではないのですよ。

他にもいくつか置いてある自腹購入の店長小杉用のCDと共に
韓国からこれが送られてくる日を、衝動が後悔に変わらないうちにと
待ち望んでいる今日この頃、でございます。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す