「ライブの出演順番によって起こりえる事」 2018年7月13日配信号

【 つれづれ。。。 】

徒歩でゆく東海道五十三次、今週はまだまだ庄野から次の宿への
旅の途中のSeoulLife Records店長の小杉です。

さて。

来週末、22日でございますか、神戸の「ART HOUSE」という所で
趣味のバンドのライブがございまして。

で、ですね、これが大変に弱った事に

「どうもトリっぽい」

つまり、出演順が一番最後のような感じがするのですね。

まだ決まってはいないようなのですが。

それの何が弱ったと申せばですよ、我がバンドはライブハウスに於ける
出演順の「最初」と「最後」を精神的に苦手としておりまして。

「最初」の場合、これは他のバンド目当てのお客様方がまだ来ていない
可能性がかなりございます。

「最後」の場合、これは他のバンド目当てのお客様方が観終わって
帰ってしまう可能性がかなりございます。

ここで我がバンド自前の貧弱な集客力を考えれば「最初」あるいは
「最後」の出演はこれ即ちですね、

「無観客試合の可能性がグッと高まる」

事に直結している訳でございますよ。

ただ「最後」の場合の救いはございまして、仮にお客様は居らずとも
出演が終わり緊張から解き放たれた他のバンドマンの方々が観て下さる、
これはおそらく間違いございませんで、昔一度経験がございますが

「ステージに立ったら客席側の床が一番後ろまでクッキリ見えた」

程の大惨事にはなるまい、とも思うのですよ。

「最初」の場合はこの大惨事、つまりお客様はおろか共演のバンドマン達
すら客席側には居ない、そこには人類が居ない、その可能性についても
頭の片隅には入れておかねばならないのです。

入れたとて結末結果が変わる訳ではないのですが、まあ気持ちの上で
身構えておく事はできるでしょう。

ともあれ、ともあれですよ、もし読者の方々の中でお時間、お金共に
無駄遣いできる余裕があってなおかつ、幸せ過ぎて軽い不幸を味わってみたい、
そのような奇特な方がいらっしゃればですよ、幼稚園のお遊戯会を
内緒で覗きにきた親御さんの心境でもってソッと覗いて、ニヤッと笑って、
そのままソッとお帰り頂ければ、そんな塩梅でございます。

商売っ気の無い趣味の告知はここまで、次のコーナーでございますよ。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>西日本の災害
>オウム死刑囚の処刑
>それでもやっているサッカー・ワールドカップ
>ふつおたのコーナーで取り上げるには重い話題ですが
>せめて自分の財産が10億円あったなら
>伊達直人の名で1000万円寄付したかもしれないと思った
>貯金が約1万円のクネ蛸囃子でした。

>夏

>夏はもう少し涼しくて
>集中豪雨がなくても
>水不足にならなければ
>何も言うことはないのだが

貯金は重鎮にはまだまだ及ばない約3000円でございますが、
募金をする習慣のある店長小杉です。

店長小杉の乱雑な仕事机の片隅には募金用の小さな紙コップが1つ
置いてございまして、

「何か少しでも自分に良い事が起こったら、その時持っている
一円玉を全部その紙コップに入れてしまう」

というルールに則って募金をしております。

数少ない読者の方々の中には店長小杉には不幸は数知れず起これど
良い事なぞ一片たりとも起こらないのではないか、事実上の募金拒否
ではないか、そういう向きもございましょう。

ただそこはですね、己に起こるのは必ずしも不幸ばかりではない、
そういう自身への言い聞かせという側面もあるのですね。

「CDの売上がいつもより良かった」

「お客様から温かい応援メールを頂いた」

これは勿論ですよ、

「コンビニの店員さんの笑顔が素敵だった」

「露出度の高い女性の方を見かけた」

この程度でもですね、最終最後

「今日は良い天気だった」

位まで良い事としていけば、流石に小さな紙コップくらいなら
一杯になる日も来る訳でして。

一杯になったそれを近くにある日本盲導犬協会の募金箱に入れて
募金完了、という次第でございますよ。

しかしこの貯金額ではどちらかと云えば募金を募らなければならない側
ではなかろうか、という疑問は無しの方向でございまして、
今回はここでお開きとさせて頂きたい所存で。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す