「2弦ベースと年齢」 2018年4月6日配信号

【 つれづれ。。。 】

徒歩でゆく東海道五十三次、今週は吉田から御油、赤坂を経て
藤川に到達いたしましたSeoulLife Records店長の小杉です。

さて。

先週ですか、趣味のバンドのライブがございまして。

ライブハウスのイベントという事で弾き語りあり、打ち込みあり、
前衛的なものからアイドル、もちろんバンドもあり、という中で
5曲ばかりノンビリとやってまいりました。

で、合間合間に楽屋に居るとですよ、まあ間違いなく一度は
他の出演者に聞かれるのが愛用の2弦ベースの事と「年齢」でございます。

2弦ベースの事はまだしも何故に年齢を聞かれるのかは今以て
分からないのでございますが、とにかく聞かれるのでございますよ。

そして毎回答える時に躊躇をいたします。

これは乙女心的な気持ちから来るものではなく、はたまた年齢を
隠してあわよくば、という気持ちでもなくひとえに

「楽器が上手いと思われたくない」

この一心から来るものでして。

それはもうこの年齢になって楽器を持っていればですよ、
店長小杉より二十も若い若者達は無条件におそらくこの大人は
自分より上手い筈、そう思ってしまう可能性が大なのです。

単純に練習時間が倍近くあった事になる訳ですから。
上手くならない訳がございません。

そこにきてですよ、ステージの上でその大人が繰り広げる
中学二年生にも劣る演奏を見てしまった日にはですね、
若者達の心に芽生えるものは端的に申し上げて

「侮蔑」

これでございましょう。

自分の倍程の歳を重ねてきた間、この人は一体何をやってきたのだろうか、
余りに怠慢ではないか、余りに無様ではないか、そういう事ですよ。

こういう事態を避けんとして、せめて年齢を知らない方には何とか
若く見られたい、と普段白髪まみれの髪と髭を黒く染めた
店長小杉の勇姿がですね、Youtubeに出ておりまして、

「グランドキャニオンズ」

で検索を頂ければ先週の映像が2曲分ほど御覧頂けるのでございます。

横着して最後の「ズ」を入力しないとアメリカにある巨大な
崖だか谷だかの絶景映像ばかり出て参りますのでご注意を。

そんなこんなで今回アッサリと次のコーナーでございます。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>一般の日本人の年収の上昇を上回る勢いでアップする
>ソウルライフレコードの価格の上昇率をもって
>アベノミクスの成果を問うべきではないかと思う今日この頃

>富豪で病気持ちの店長小杉の周りには財産目当てで近付いて来る
>怪しい美女があふれていることと思いますが

>単純にうらやましいわたしがクネ蛸囃子でした。

>だいこん

>だいこん足っていうけれど
>はだいろのだいこんなんか見たことないや

アベノミクスの恩恵については一切あずかっていないと申しますか
アベノミクスが何であるのかを具体的に想像できない店長小杉です。

しかし店長としてぶっちゃけたお話ではございますが確かに価格は
上昇傾向にあるものの、悲しむべき事に収益は減っているのでございますよ。

しがない一CDショップの努力では如何ともし難い部分のコスト上昇が
相次いでいるためでございますね。価格が上がった部分が店長小杉に
チャリンチャリンと入ってくる、そういう訳ではないのでございますよ。

個人的にはそういう訳であって欲しいと思うのですが。

で、ございますので店長小杉の収入はですね、もちろん富豪はおろか
社会の最底辺に限りなく近い所でその底を勢い良く突き破らぬよう
何とか踏みとどまっている、そんな、そんな塩梅でして。

ただですね、何故か美女は周囲に多い気はいたしますよ。
「店長小杉ごときではどうにもならない美女達」なのではございますが。

大海原で遭難、漂流して、もう飲み水は尽きた、膨大な水に囲まれているのに、
でも飲める水は一滴も無い、そういう歌の文句を思い出しますですね。

この漂流がいつまで続くのか、果たして無人島でも陸地に辿り着くのか、
あるいは救助船に助けられるのか、意外と次回の配信あたりで店長小杉
電撃結婚の報告を書いていたりしないか、心当たりは全く無いまま
そんな事を考えつつお開きとさせて頂きたい所存で。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す