「男性の髭の価値」 2017年12月22日配信号

【 つれづれ。。。 】

1500mおたまレース生タマゴ部門の日本記録保持者だった事のある
SeoulLife Records店長の小杉です。

嘘です。

この週末ですか、基本的に店長小杉が楽しめないクリナントカだか
ナントカマスだかいうイベントがございますのは。

主に紅白の衣装を着た髭面の老人が世界中で不法侵入を行い、
七面鳥の巻き添えを食らって鶏の大虐殺が行われるアレですよ。

「毎年この時期、恨み妬み嫉みと呪詛の言葉しか書いていないが、
ではそこに向けて君は何がしかの努力をしたのかね?」

と問われればですよ。

実はしない事もなかったのでございます。

しかもなかなかの決心を必要とする事でして、この月曜日に

「この10数年、トレードマークだった髭を総て剃ってしまった」

のでございますよ。ええ。

髭があるとモテない、これはもう統計的に厳然と結果として出ている
ものでして、ならば今年はひとつ思い切ってモテない要素は排除してしまおう、
とまあそう相成った次第でして。

鏡で久しぶりに髭の無くなった己の顔を見ますと、確かに心持ち「爽やか」で
「清潔感のある」「真面目な」印象になったような気がいたしますよ。

これが原因でこれまでモテていなかったのだとしたら、
下らない拘りで随分と損をしたものです。

そしてこれならばナントカマス前の駆け込み需要に間に合うかも知れない、
そんな、そんな事を思っておりました。

で、まあ髭が無くなって本日でもう5日目ですか。
この間、色々人にも会いましたですよ。

そして判明したのがですね

「誰も髭が無くなった事に気づいていない」

という事でございます。

10数年、店長小杉の顔面に於いて実に大きな要素であった髭が無くなった、
のにも関わらず5日間誰も気づいていないのです。

考えたのでございます。
これは一体何故なのか。

そして辿り着いた結論がですね。

「髭以外の要素のほうが圧倒的に大きいのではあるまいか」

という事でして。

つまり、髭があるからモテないのではなくて、髭以外の圧倒的な要素でもって
圧倒的にモテていないのではあるまいか・・・と。

もっと云えばですよ

「そもそも誰も店長小杉になぞ興味が無い」

これが一番真実に近しいものではなかろうか・・・と。

そうなるとですよ、之即ち

「もはや打つ手無し」

という事にもなる訳でございますね。

後はもう如何にしてこの週末をやり過ごすか、その一点のみに
全身全霊を捧げるものとして、次のコーナーなのでございます。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。

読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

毎度お馴染み「ラガーのおばちゃん」さんからで。

>夢の中で、あまりに広大な自宅のため行きたい部屋にたどり着けず、
>いつの間にかショッピングモールに迷い混んでしまい、途方にくれた所で
>目が覚めたラガーのおばちゃんです。

>宣伝しちゃってよろしいのでしょうか?では さっそく、推し俳優さんは
>ソ・ヨンジュさんという方です。検索するとお若い同姓同名の方も
>ヒットされてきますので、ご注意を。

>年齢は私より10コ位下の様で(詳しくは分からない…)、低音の魅力たっぷりな
>お声が素敵な俳優さんです。

>今は脇役では有るけれど、この方が出演されたら芝居がビシッとしまる、
>そんな存在感のお方です。

>お誕生日メッセージを送ったらわざわざお返事を下さいまして、
>血圧が乱高下してしまい慌てました(笑)

ちょっと文字数等々の関係で後半を削除させて頂いた店長小杉です。

現状で申せば少なくともこのメールマガジンの特にこの巻末に於いては
世間様への影響力は皆無、という事で御本人様に迷惑な内容でなければ
お名前は書かれて全く問題無かろうか、と思う次第でして、

成程応援されているのはその方なのでございますね。

しかしですよ、「声が低い」というのは男性にとって「よく出来た顔面」に
匹敵する程の魅力を与える要素ではないでしょうか。

何となれば、声が低いと顔面がいまひとつでも魅力的に見え、声が高いと
よく出来た顔面がいまひとつになる、それくらいの力がありそうな気が
するのでございますよ。

神様はせめて低い声を自分に与えてくれなかったものか、と顔面がいまひとつで
声の軽い、その声のせいか存在も軽い店長小杉は思うのです。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>昨日
>よく出演しているライブハウスのオーナーが
>演歌歌手として開催したディナーショーに
>バックバンドのメンバー兼前座として出演しました。
>細川たかしナンバー五曲に
>クネ蛸提供の二曲と言う豪華メニューには
>ご来場下さった約二名のお客様も大満足のようでした。

>またやるとしたらメンバー間のコード進行の不一致を
>どうにかしたいと思うわたしがクネ蛸囃子でした。

>クリスマス

>クリスマスはレストランを借りきって
>一人でパーティーをする予定の
>ソウルライフレコード店長小杉です
>本当です

いつもカットしているお便りの書き出し部分の特集を
ブログのほうでやろうかと考えている店長小杉です。

よく聞く都市伝説的なものですが、バンド内の「音楽性の不一致」は
「ギャラの不一致」である事が大半であるという噂。

ただ思う事もあるのです。

音楽性が一致しているのであれば誰か一人がソロでやっている事と
同じであって、一致しない数人が集まるからこそ新しい何かが
そこに生まれる可能性があるのではなかろうか、と。

うっかり真面目な事を書いてしまった事、深く反省しております。

で、いつもはポエムには触れないのでございますが目下の所はですね、
24日の予定は爽やかに空白なのでございます。

女子大生の皆様、店長小杉は空いておりますよ。

仕事に疲れたOLの皆様、店長小杉と一休みしませんか。

家事に忙しい主婦の皆様、店長小杉は秘密を守りますよ。

・・・取り乱しました事、こちらも深く反省しております。

おそらくは現実的な路線で、お酒をしこたま買い込み記憶が無くなるまで飲んで、
「2017年には12月24日が存在しなかった」事にしてしまう、
そんな殺伐とした所に着地しそうな気がいたしておりますよ。

では、今回はこのあたりでお開きとさせて頂きたい所存で。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す