「ガラケーの故障と修理」 2017年3月24日配信号

【 つれづれ。。。 】

10億円の国有地を9億9千9百万円値引きしてもらい超巨大CDショップを
建設予定のSeoulLife Records店長の小杉です。

嘘です。

世間様がこの風味のニュースで満たされている中、ここ巻末は粛々と
40過ぎ独身彼女無し病気持ち男性の日常をリアルかつドライに
真摯なるジャーナリズム精神を持って描き続ける訳でして。

そう、携帯電話でございますよ。ええ。

店長小杉の携帯電話、スマートではない愛すべきパカパカ携帯が
おそらくですがそろそろ寿命を迎えようとしているのです。

長の年月に渡ってパカパカし過ぎたせいでしょうか、最近ですね、
SIMカード?を認識しなくなってきまして。電話がかけられない時が
ちょくちょくあるのですよ。

その度にSIMカードを刺しなおしては再起動で。

しかし電話に於いては、かけられないという事はこれ即ち受けられない、
電話が鳴らない、という事とほぼ同義でございます。

先日もこの現象が起きていたようなのですが、普段からそれほどには
電話が鳴らないという事に加えて孤独慣れに関してだけは強靭な精神も
災いしまして、静けさにふと気づいたのは2日後の事。

電源を入れなおしたりして、復旧した途端に各所からの恐ろしい数の
不在着信の連絡が入りまして。

どうやら電話が通じなかったこの2日の間にですね

「店長小杉の電話が繋がらない」→「バカと貧乏と孤独と病気をこじらせて
ヒッソリと孤独死しているのではあるまいか」

このような極端に飛躍、肥大した憶測が飛び交って、各所からの大量の電話と
相成ったようでして。

いや、気づかぬ事とは申せどご心配をおかけした事、これはもう大変に
申し訳ない限りでございます。もう平謝りでございましたよ。

しかし、しかしですよ。

ひとつ位は屁理屈じみた言い訳もしてみたいものでして。

店長小杉の契約している携帯電話の会社、まあ電話が通じる通じないの敏感な
お話ですから一部○で伏せまして「d○c○m○」という会社、ここのサービスにはですよ

「店長小杉が死んだら即時回線が切れる」

そんな素敵に便利で不謹慎なサービスは無いのでございます。

あれば洒落で契約いたしますとも。月額300円程度であれば。

ただ携帯電話が繋がらない事で与える不安感、これは身に染みて
実感した次第でございまして、近日中にd○c○m○ショップに出向きまして、
綺麗な受付のお姉さんを厳選した上で修理をお願いしよう、こう思う次第でして。

さて、次のコーナーでございます。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。
読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

常連さん以外のお便りも幅広くお待ちしているのでございます。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>自分が幼少の頃は
>一番安いアイスは10円でした。
>ミルク風味だけど牛乳臭くないもの
>(今でも売ってます、多分)
>をよく食べていました。
>所謂アイス・キャンディーですね。
>ソーダ味もよく食べていたような。
>チョコレートの味がしないチョコレート味も
>印象深いです。
>70年代初頭でまだベトナム戦争をやってました。
>プラモデルは一番安いのが50円でしたが
>石油ショックでいきなり100円になりました。
>さて、ここからが本題なのですが
>ソウルライフレコードの値上げの方がショックな
>クネ蛸囃子でした。

>お金

>円安で値上げばっかだな
>円高で損するような人は
>僕とは関係ないセレブなんだろうな
>人生お金じゃないよと言うけれど
>あなたの全財産僕に寄付してくれますか

後半部分がほぼほぼ総てのショップが掲載をためらうであろう内容
だとは思いつつサラっと掲載してしまう店長小杉です。

いや重鎮の苦言も御尤も、掲載に値するものでございますよ。

今回の値上げは為替と配送方式の変更改善からくるものでございますね。

ただ当然の事ながら店長という立場としても、一音楽好きの立場としても、
価格変動は下方向以外は決して気持ちの宜しいものではございませんが、
今回ばかりは避ける術なく已む無く泣く泣く断腸の思いで、という事でして。

ちなみに「人生お金じゃない=お金持ち」「女なんて星の数程居る=彼女あり」
という発言の公式は店長小杉の薄暗い灰色の脳の奥深くにもございます。

毎度お馴染み「ラガーのおばちゃん」さんでございます。

>もう、もう、もう、もう、って牛に負けない位モーモー言いながら嬉しさを
>抑えきれない、ラガーのおばちゃんです。

>もう本当にこんな幸せな誕生日は、今までに無かったのでございます。

>まず日付が変わった瞬間に、韓国ペンカフェの副会長さんから嬉しい動画が届いたんです。

>副会長さんの誕生日が2月 私が3月なので、二人分まとめたHappy Birthdayを
>俳優さんが歌ってくれた動画です。

>わざわざ私の名前だけに編集し直して下さいました。これで既にモーとキャーを
>10回ずつ、たまにウソォを挟んだりして。

>応援している韓国の俳優さんとはFBでお友達にして頂いたので、
>朝がたお祝いメッセージが届きました♪更にモー&キャーを連発。

>自分へのプレゼントで誕生日に韓国へミュージカルを観に行ったのですが、
>あまりに嬉し過ぎて一睡も出来ずに向かいました。

>そしてビックリした事に、行きも帰りもお隣さんが同じ女性でした。もちろん
>お互いに1人旅で偶然乗り合わせたようですが、こんな事も有るんですねぇ(笑)

>びっくりポンでモー&キャーな記憶に残る誕生日でした(^-^)v

今年の誕生日には安普請の自宅で自分のために大声でHappy Birthdayの独唱
を行おうと考えている店長小杉です。

そして思い切り泣こう、もう泣き崩れてしまおう、そう思う次第で。

そんな事はさておいてですね、御誕生日おめでとうございます。
良い御歳を積み重ねてきたからこそ、良い御誕生日があったのでございましょう。

ですから心行くまでモーモー言いましょう。
牛になるまで言いましょう。
牧場に行きましょう。
勢いで草も食べましょう。

取り乱しました。

ちなみに店長小杉のFBは諸般の事情と申しますか、始めた当初のやましい気持ちから
世界の美女ばかり500人以上がお友達となっているのでございますが、
それだけの数が居ながら誰一人として御誕生日のメッセージを頂けません。

これも歳の積み重ね方の問題でございましょう。

決して、決してそのFBは探さないで頂きたい、これを重にお願いしつつ
このあたりで今回はお開き、という事でございまして。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す