「ガラパゴススマホ」 2017年2月10日配信号

【 つれづれ。。。 】

実は最先端IT企業の青年社長として複数のグラビアアイドルと
お付き合いしている気がしないでもないSeoulLife Records店長の小杉です。

嘘です。

冒頭の嘘も2回目にして早くも稚拙な内容となってまいりましたが。

で、その嘘ですが最先端IT企業の青年社長がですよ、先日ようやく
スマホを購入いたしまして。

店長小杉は断固たるパカパカ携帯原理主義過激派なのですが、さすがに
昨今の世の中の流れからスマホとは何たるか位は知っておかねば、
そのためには常日頃これを使ってみなければ、という思いからでございます。

ただ、ただですね。

通信料だ何だでこれまで要らなかった毎月1万円前後をお支払いするのも
小市民中の小市民を持って任じる身としては何でございますし、
別途端末代もかかってしまいます。

そこで今回は回線契約の無い、とびきり安いものを、適当に、さらに中古で
もって購入いたしました。

まあ、ぶっちゃけ1500円でございますよ。ええ。

気になる回線は会社のWIFIを使えばタダ。
つまりは「会社に居る間しか使えないスマホ」なのでございますが。

で、届いたその日に早速使ってみました。
スマホライフのスタートでございます。

スマホといえばやっぱりアプリ、それくらいの知識はございまして、
いくつか入れようとしてみたところですよ。

「この端末は古すぎて対応していません」

というメッセージが。
色々なアプリで試してみたのですが、やはりダメでございます。

そこでお付き合いのある詳しい方に聞いてみたところですね。

「小杉さん、それはさすがに古すぎて今はまともに使えないやつですよ」

という悲しい回答が。

つまり店長小杉のスマホは

・とりあえず電源は入るけれど
・電話としては使えず
・アプリも入れる事ができず
・会社に居る時しかインターネットを使えない

そういうスマホなのでございます。
会社に居る時はインターネットは自分のパソコンでできるのです。

始まったばかりのスマホライフは早々に終わりを告げ、現在そのスマホは
机の上に散らかったメモをまとめるオシャレ文鎮兼3時のおやつの時間を知らせる
アラームとして第二の人生を歩んでおります。

それでは、次のコーナーへ。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。
読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

常連さん以外のお便りも幅広くお待ちしているのでございます。

重鎮「クネ蛸囃子」さんからでございます。

>バレンタインデーはモテることを大っぴらにできる
>「浮気がバレてもいいんデイ」
>だと個人的には思うのですが
>何と言うかどうでも良いと言うか
>余りにも興味がない
>と言うか
>興味はあるけれど、もはやどうでも良いので
>夜遅く頭をひねっても
>林家三平の嫁は美人だけど
>三平は嫁からチョコレートをもらい
>それを「笑点」で特集するのかな
>だとしたらむかつくけれど
>どうせ見ないから関係ないやと
>どうでも良いことしか思い浮かばない
>クネ蛸囃子でした。

>先生

>先生がたいほされた
>りゆうをお母さんに聞いたら
>いやらしいことをしたからよといった
>いやらしいことって何って聞いたら
>あんたにはかんけいないことよ
>となぜかおこったようにいった
>お母さんってむっつりスケベなんだな

40代独身彼女無し男性には「浮気」というものがございませんので、
心置きなく本命チョコレートを募集している店長小杉です。

浮気。

「気」に関してはいつも「浮」ついているのですが、悲しいかな
特段それを問題視する相手というものもございませんもので。

林家三平師匠に関して申せば確かに奥様はお美しゅうございますし、
妬ましい程に各所でおモテになられるのでしょうが、しかし芸事に
従事される方となると店長小杉は何故かそこは許せてしまうのです。

店長小杉の許可許諾に何の意味も価値もございませんが、芸事には
色気というものが男女の別無く必要だと思っている節がございますよ。

ただしそれ以外でおモテになる方々については、もれなく店長小杉の
故無き恨み妬み嫉みの対象とされるのです。

毎度お馴染み「ラガーのおばちゃん」さんでございます。

>今回の冬はまだ風邪をひいていない、ラガーのおばちゃんです。

>我が家は築40年以上の古い家ですが、先日お湯のパイプが割れて
>水漏れしていたのに1週間ほど気づかなかったのです。

>水道代の請求がコワイ…。

>外付けのパイプだったが為にこの寒さで割れたのだろうとの事、
>家の中での漏水で無いのが不幸中の幸いだったようです。

>一部お湯が使えなくなる蛇口が有るけど、納得して何とか1日で工事は終了。

>しかし昨夜、洗濯をしようとしたらお湯が出なくて、洗濯出来ない事が判明(笑)
>そう言えば洗濯機にもお湯を使うのを、すっかり忘れてました。

>仕方がないので、久々にコインランドリーに行って来ましたが、
>また工事を頼むとお財布が寒くなるし 今後どうしようかしらん(>_<)

今年は既に1回風邪をひいてしまっている店長小杉です。

しかし何だか何処かで水漏れ等の事故で高額の請求があった折には、
事故の場合はちゃんと説明すればそれが免除されるというお話を
聞いた事がございますよ。

その分でもって完全に修理という心持ち、というのは如何でございましょうか。
心持ち、でございますからして金額の大小は一旦横に置いて、ですよ。

水周りというのは大事なものですから。

店長小杉も実に本日朝、お風呂場の排水溝を詰まらせて大惨事を招いた
ところでして、水周りのメンテナンスの重要性を痛感している次第でございます。

・・・とまあ、今回は全体的にフワっとした流れの文章ではございますが、
このあたりで締めくくらせて頂きたい所存で。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す