「お世辞の使い方大会」 2017年1月7日配信号

【 つれづれ。。。 】

あけましておめでとうございます。お正月は数年ぶりの三日間の休暇で
暴飲暴食暴眠の限りを尽くしましたSeoulLife Records店長の小杉です。

さて、新年早々ではございますが、昨年末に募集をしておりました

「店長小杉を無意味に破格のスケールで持ち上げる文章」

こちらでございます。

応募頂いた中から抽選で五名様に、店長小杉が推測するこのコーナーの
実質的読者数の五名という数字ですが、店長小杉の私物の非売品CDをば
差し上げられれば、と。

非売品CDをチラつかせてでも何とか褒めて欲しい、嘘でもせめて新年は
良い気分に浸りたい、そういう寂しいCDショップ店長の悲しい私欲の塊に
他ならない企画でございましたが。

まあ良いではございませんか、新年という事で。
無礼講でございますよ、ええ。

ではまず一通目、「せにゃ」さんから。

■店長の類稀なる文才に、スマホに向かって喝采を贈っております。

そうでしょう、そうでしょうとも。
配信後の金曜夜に何処からか聞こえてくるあの割れんばかりの拍手喝采は
この方でございましたか。毎週の事でございますからして、くれぐれも
御手、御喉を御自愛下さいね。

二通目、「50代独身♂生涯結婚無理」さんから。

■もしかしたら、私は御社のメールマガジンの巻末の店長様の文章を
読むためだけに生まれてきたのではないかと思ってしまうくらいです。

ええ、人生の目的、指標として適切な選択をされておられるかと存じます。
このメールマガジンを読めば家内安全・招福・金運・良縁・その他全般に効能が
ある事を自認しておりまして、読み続ければ近々良い御縁があるかと思われますよ。

三通目、「40過ぎ独身彼氏なし仕事なしそれが何か?」さんから。

■楽しみに読んでるよ♪ニヤッとしながら読んでるよ♪大好きだよ♪
小杉店長のメルマガ♪が(^_-)♪

ありがとうございます、好かれて当然とは知りながらこのような企画を行い、
言わずもがなの事を言わせてしまった事をお許し頂きたいのでございます。
分かっておりました、分かっておりましたとも、ええ。

四通目、「クネタコバヤシ」さんから。

■店長小杉は高嶺の花 女性たちはその魅力に萎縮して声をかけられないのを
本人はモテていないのだと勘違いしている

萎縮され過ぎではないか、萎縮されるにも程というものがなかろうか、
全盛期の沢田研二でもここまで萎縮はされなかったのではなかろうか、
例えが若干古いのが萎縮される原因ではなかろうか、そう思う次第でして。

五通目、、、五通目は?

・・・総応募数、実に四通でございますよ。ええ。

おそらく少ない、相当少ないとは薄っすらと思いつつも、まさか実質の
読者数が四名様とは。そろそろ引退の二文字について、じっくりと考えを
巡らせねばならないのかも知れません。

しかし、ここで気づいた事もあるのですよ。

ふつおた常連の「ラガーのおばちゃん」さん、この企画にはメールを頂きません
でしたが、しかしいつも通りにふつおたは頂いております。

企画のテーマである

「店長小杉を無意味に破格のスケールで持ち上げる文章」

に対して

「いやいや、自分の心に嘘はつけない」

という読者が「ラガーのおばちゃん」さんを代表に99.99%を占めていたのであれば。

当店のお客様は実に礼儀正しく心優しい紳士淑女の方々でございますからして、
冗談でも嘘をつく事には強い抵抗感がある、その可能性は否めません。

そういう方が99.99%を占めていたならば、読者数は四万人でございます。

ええ、四万人ですとも。

ええ、ええ、四万人で。

・・・。

とりあえず、今回掲載させて頂いた四名様には後ほど追ってCDのお届けのために
ご連絡をば差し上げられれば、そう思う次第で。

そして今回はこのあまりにも下らない企画で文字数を取り過ぎました関係で、
「ふつおた」のコーナーは次週に回させて頂きたい所存でございます。

「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

SeoulLife Recordsへの感想・リクエストは order@seoul4life.com
までよろしくお願いします!

コメントを残す