「女子高生との恋愛自慢」 2016年4月8日配信号

【 つれづれ。。。 】

さてさて、やはり未だ今年の目標も人生の目標も今年のこのコーナーの
書き出しも決まらないSeoulLife Records店長の小杉です。

さて。

先日ですね、実に珍しくいつもよりかなり早い時間にお仕事が終わりまして、
今日こそは惰眠の限りを貪り尽くしてやろうと家路にフラフラとついて
いた時の事でございます。

「すみません!」

と声をかけられたのですね。

女子高生に。

いえ、明らかに店長小杉に対してなのですよ。
周囲を見回してもその女子高生と店長小杉しか居ない訳ですからして。

「はい・・・何でしょう?」

対面してみると実に可愛らしい女子高生でございます。
高校3年生、といったところでしょうか。

しばしの沈黙の後、上から下まで店長小杉を見てからですね、

「すみません!何でもないです!」

・・・。

去ってゆく女子高生の後ろ姿を見ながら急いでチェックしましたですよ。
所謂ところの「社会の窓」が全開になっていないかであるだとか、
顔やら身体やらに変な物がくっついていないかどうか。

スタッフがイタズラで変な張り紙を背中に貼っていないかも
チェックいたしましたがいずれも大丈夫で。

家に帰って少し考えてみたのです。
色々な思考の経路を経て残ったのがこの2つ。

・逆ナンパ、略して逆ナンの可能性はないのか
・霊感の強い女の子で店長小杉の後ろに何か見えたのではないのか

この2つの比率をさらにジックリと考えてみたところ、
一つ目と二つ目の可能性の比率は1:9程度。

今年に入ってから怒涛のように店長小杉を襲い続ける小さな不幸の
数々は、あるいは何かの祟りによるものではなかろうか、という
結論に達してまいりまして。

これは近々に神社お寺教会、その辺りに行かねばなりません。

ただ、ただですよ、一つ目の可能性、これは40過ぎ独身彼女無し男性の
荒み枯れた心の中のかすかな希望、心の深い闇を照らす一筋の光、
として捨てたくはないのでございます。

「この前女子高生に逆ナンされてさあ」

・・・1回言うだけ言ってみたいものでございますよ、ええ。

お話自体が荒んだ方向に進み始めたのでこのコーナーへ。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー

このコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。
======================

さてさて。
読者の方からのごくごく「普通のお便り」をご紹介するコーナー。

今回も重鎮「クネ蛸囃子」さんのみでございます。

>店長小杉のお気遣いまことに嬉しいのですが
>基本、携帯(ガラケー)は通話にしか使っていなくて
>購入の際には店員さんに色々なオプションを勧められたのですが
>オプションごとに料金が発生する上に
>何せ通話出来ればそれで十分だと考えていたので
>自分の携帯にはネット・ショッピング用のオプションか何かが欠けているかも知れません。
>実際にネット・ショッピングを試みなければ何とも言えませんが
>その前に内臓電池が切れて充電も出来なくなっているので
>電池の交換から始めなければ。
>いずれにせよ店長小杉には感謝しております。

>叩き続ける

>トン・トン・トン
>トイレのドアを叩き続ける
>叩くのに夢中になり過ぎて
>中にいるのか外にいるのか
>分からなくなった

ご決済方法の追加するお話でございますね。
今急いで準備できるご決済方法は一応一通り追加をいたしまして、
さらに他に手立てがあれば順次という状況でございます。

店長小杉もガラケーでございますよ。
普段の生活においては通話とメールさえできればもう充分でして。

ネットショッピングにおいてはクレジットカードを使いますが、
その限度額は実に1万円でございます。

ただこれも、万年金欠のCDショップ店長が1万円を越えるお買い物を
する事などなく、限度額1万円あればこれまたこれで充分で。

しかしとりあえずはまず電池の交換、これをば重鎮が
無事済ませられる事をお祈りする次第でございます。

この「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

 

コメントを残す