「オルニチンは体内で使われても自らがオルニチンに戻ります」 2014年9月12日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日の気分は6点。旧盆のおかげでまあまあ盛り上がりも盛り下がりも
無かった週を過ごしたSeoulLife Records店長の小杉です。

で、勿論誰も興味が無い事は承知の上の話題なのですが、店長小杉、
朝が激烈に弱いのですよ。

寝起きならレッサーパンダとの対マン勝負に惨敗する自信がございます。

何かとの勝負以前に、寝起きに転んだりで怪我をした事も数え切れず。

40代を迎え、その傾向にますます拍車がかかってまいりました昨今、
ちょっと良いものを見つけまして。

偶然自販機で買いました飲み物に「オルニチン」というものが入って
ございまして、これを飲み始めてから若干朝が楽なのですね。

(※感想はあくまでも個人のものであり、効果効能を示すものではありません)

いえいえ、ここで健康食品の販売を始める気は毛頭ございませんので、
まあ続きをお聞きください。

そういう訳でございまして、何の疑問も無く毎日それを自販機で購入して
飲んでおりました。おそらく「気のせい」もございましょうが、やっぱり
「何だか楽」なのです。

そして1週間が過ぎた頃でしょうか、ふとその飲料のラベルを見たのです。
注意書き?と申しますか説明がございました。

「オルニチンは体内で使われても自らがオルニチンに戻ります」

・・・?

オルニチンがオルニチンに戻るのであれば、つまりオルニチンは飲めば
飲むほどオルニチン濃度が高くなるという事なのでしょうか。

ここで何回「オルニチン」という単語を書くのか、というお話はナシの方向で
ございます。何だか書いていて文字面が楽しい単語というだけでして。

で、これを1週間飲み続けた訳です。
オルニチンはオルニチンに戻り、さらにそこにオルニチンを加えていった、と。

ここで疑問が生じたのです。
体内でどんどん増えていくオルニチン。

つまり、今店長小杉は「コスギ・オルニチン・タイスケ」くらいの存在に
なっていやしますまいか?

このまま飲み続ければ、何だか楽になっているのは「店長小杉」ではなく
「オルニチン」が楽になっている、そんな事になりはしますまいか?

最終的に自身が「オルニチン」に乗っ取られたりはしますまいか?

とっとと病院に行って頭をみてもらえ、というのがスタッフの意見でございます。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー
======================

さてさて、今回も「いつもの方」からのお便りのみ、でございます。
ただ、ほぼポエムな上に「長い」のでございますよ。

できればポエムは俳句レベルの行数に抑えて頂ければ、と思うのでございまして。

そのためポエムからの抜粋、と申しますかぶっちゃけ「はしょって」
御紹介でございます。

>店長小杉がかぶでそんしてわらわれるなんて
>いつものパターンなのになぁ

前回配信の「店長小杉が株で損した」お話ですね。
ええ、もう書き出しと申しますかフリの段階でオチがバレているで
あろう事は重に承知しておりました。一応関西人でございます。

しかし、しかしですよ。
これがまた実話なのでございますよ。

実際損をして、実際笑われて、それがいつものパターンという人生、
これは我ながら酷い人生だと思うのです。

笑わせるのも笑われるのも人の笑顔を引き出すという点では同じというのが
店長小杉の考え方ではございますものの、ここまで身を切るつもりは
全く無いのでして。

しかし神は身を切る気も無い一小市民にナイフをバンバン投げつけ、
何とか身を切らせよう、彼を笑いものにしよう、と考えているようにも
感じる昨今でございます。

とっとと病院に行って頭をみてもらえ、というお便りが読者様から
くる前に、このあたりで・・・。

この「ふつおた」のコーナー宛のメールは件名を「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す