「5億円のセクハラ訴訟発言」 2014年8月1日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日の気分は6点。簡単なお話、冒頭2行程度で書くべき事が特段
起こらなかった1日だったSeoulLife Records店長の小杉です。

で、ですよ。

今年も40代真っ盛り、独身彼女無し真っ盛り、でそのまま夏真っ盛り、
を迎えてしまった訳なのでございますが。

いえ、今年の夏もまだ彼女と海へ、を諦めている訳ではございませんよ。
戦いはこれからですとも。ええ。

しかし今年ひとつ、この「彼女を作る」上でこれまでハンデになっていた
であろう部分を指摘されたのです。

割と店長小杉、「いま思っている事」を素直に女性に言う所がございます。

当然ですが大人のたしなみとして相手を傷つけるような事は素直には言いませんし、
素直にでなくても申しません。

しかしこの素直に言う、という中にあってしかも素直に相手を褒めたつもりが
それで嫌われてしまうという事もあるのでございます。

例えば相手の胸元が魅惑的であった場合。

素直に相手に言ってしまっていたのですよ、店長小杉は。

胸元が魅惑的であると。

が、先日これを言ってしまった素敵な女性の方、これまで気さくにお喋りを
楽しんでいた方、にどうも嫌われるまではいかないまでも何となく距離を
取られてしまいまして。

何となく上の文章の後半は小さな我が心の平穏を保つために書いたのですが

「店長、それ確実に死ぬほど嫌われてますよ」

というのがスタッフの意見その1でございます。

褒めた・・・というか素直に賞賛したつもりだったのでございますが。

「よくよく内容を考えてください。アメリカなら5億円くらいのセクハラ訴訟を
起こされて、なおかつ確実に敗訴している内容ですよ。」

というのがスタッフの意見その2でございます。

確かに、言われてみるとそう取られるかも知れません。
悪気のカケラも無かったとはいえ、彼女を作るどころかこれまで幾多の女性の
気分を害してきたのか。

そしてこの種の素直な賞賛は、店長小杉ではなくもっと爽やかでルックスも
果てしなく良い人しか言ってはいけないのだと。

「で、5億円をいま支払わなくて済んだ訳ですから、自腹で私の給料上げてください」

というのがスタッフの意見その3でございます。

これは何故か我が身の不徳を理解しつつも承服し難いのですが。

ではこちらのコーナーを。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー
======================

今週のふつおたは・・・

1通。「いつもの方」からでございますね。

ただタイトルが「ふつおた」ではなかったのでご紹介はしませんが
今週これとは別に「ファンレター」なるものを頂いておりまして。

このコーナーが面白いと褒めて下すっておりました。

しがないいちCDショップ店長という、収入面においては社会の最下層を
生きるこの単なる一個人に「ファン」がいて「レター」を頂ける、
これは毎回嬉しいながらも、そんな価値は我が身には無いというのに、と
妙な気持ちにもなりますですよ。

さて、では「いつもの方」から。

>今日は
>いつもの人です。
>先日はそちらで告知して頂いたにも関わらず
>番組宛てのメール0記録を更新中です。
>ソウルライフレコードにポエムを贈りたいと思います。

>海とおひさま
>海の初恋はおひさまでした
>お魚が沢山泳いでいる海におひさまは嫉妬したのです
>それ以来おひさまがどんなに輝いても
>海には冷たい顔しか見せません
>だから海は時に怒り狂い
>嵐となっておひさまを隠してしまうのです

・・・いや申し訳無い事です。

ただおそらくこのメールマガジンに影響力なぞ微塵も無いと踏んでの
先週の文章だったのですが。

だって「このメールマガジンを出したからといってCDが売れる」
なんて事は無い訳ですからして。

そもそも「CDが売れる」事自体が世界的に少なくなり、大手レーベルは
青息吐息、CD流通会社は虫の息、当店のような零細CD小売店に至っては
「実質息を引き取っているけど何となく存在している」ような状況もございますが。

しかし失礼ながらポエムはさておき、ですよ。

冒頭の番組宛のメール0記録、これがこのメールマガジンの読者の方からの
0記録なのか、そもそも番組そのものでの0記録なのかでこのふつおたの
重みは変わってまいりますよ。

後者であったれば、それはもう後半のポエムをさておく訳にも
いかなくなってくるのですが。

しかしおそらくは前者でございましょう。

一応、ポエムは「おひさま」を「店長小杉」、「お魚」を「女性」に
置き換えても何となく通じそう、程度には読んでおります。

この「ふつおた」のコーナー宛のタイトルは「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す