「乗っ取り甲斐の無いLINEアカウント」 2014年7月18日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日の気分は1点。意図せず詐欺の片棒をかついでしまう所だった
SeoulLife Records店長の小杉です。

いやですね、事の発端から申しますとですね、まず店長小杉が
所持している携帯電話、これは古いパカパカ携帯なのですね。

まあ当然今流行りの「LINE」なぞというのものは入れようも
ございません。

ただですね、オフィスに置きっぱなしの韓国のスマートフォンには
店長小杉の名前、電話番号のLINEが入っておりまして。

これは最近LINEで情報配信を始めた当店で

「アナログ主義の店長小杉の学習用に」

という事で韓国事務所のスタッフから使わなくなったスマートフォン
を頂いて入れたものです。

で、ですよ。

本日もまた黙々とお仕事に勤しんでいたところ、対面に居るスタッフが
半笑いで言ったのです。

「店長、iTunesカードを買ってきてくれって何ですか?」

・・・?

聞けば今LINEで私からそういうメッセージがあったとか。

当然ですがお仕事中に私用をスタッフに頼むタイプではございませんし、
そもそも何でまた今まさに対面に居るスタッフにLINEで頼むのですか。

要するにですよ、店長小杉のLINEのIDが乗っ取られたのでございます。
で、「お友達全員」にそういうメッセージが送られたようで。

ここからが当店スタッフ(大抵性格にそこそこ問題がある)のちょっと違う
ところでございまして。

「店長、ちょっと新しくIDを取らずにこの人と会話させてください」

・・・。

要は換金目的でカードなり何なりを買ってくれ、そしてその番号を教えてくれ、
というような内容が不自然な日本語で送られているようなのですが。

しかし店長小杉の文章、これは公私共に内容は捻じ曲がっていてはいても
決して不自然な日本語ではございません・・・と自負しております。

そしてスタッフとの会話の中で「今買え、すぐ買ってくれ、いつ買える?」
というおそらく海外の詐欺師の方の言葉に

「うーん、できるだけ急ぐけど3年後くらいには買えるかも。待っててね。」

というスタッフの回答を最後に会話は切れてしまいまして。

「もうちょっと遊びたかったんですが残念ですね・・・。で、結局何人の
友達にこの詐欺メッセージが送られちゃったんです?」

うろたえる店長小杉。
どちらかと言えば詐欺云々よりそちらを聞かれたくなかったのですが。

LINEといえば登録している電話番号なぞでお友達が登録され、ある意味自動的に
交友関係の広さ狭さが露呈する場でもあると店長小杉は考えているのです。

「さ・・・三人。」

「さすが店長!良かったですねー、友達が居なくて。詐欺師も乗っ取り甲斐が
無かったと思うとスッキリしますよ。」

ある意味、ですよ。

店長小杉の「捻じれて曲がって途中で枯れている」という根性、性格による
交友関係の狭さが詐欺の被害を食い止めた、そう思えば、いや、そう思わないと
明日の夜明けを素面で迎える自信がございません。

さて。

======================
「ふつおた(普通のおたより)」ご紹介のコーナー
======================

今週のふつおたは・・・

1通。毎週お便りを頂ける「例の方」からでございます。

>実は7月よりコミュニティーFMのFM西東京にて
>水曜24:00より「クネタコバヤシの今夜も大成功」と云う番組をやっております。

>23日の放送ではソウルライフレコードで購入した
>キム・チュジャとファンシネバンドのアルバムからもオンエアする予定で
>30日の韓国ロック特集ではチャン・ギハと顔たち以外は
>すべてソウルライフレコードで購入したCDよりオンエアする予定です。

>インターネットサイマルラジオを経由すれば全国で聴取可能なので
>よろしければ聴いてやって下さい。

>ちなみに本日は関西フォーク特集です。
>しゃべりは下手です。

>クネタコバヤシ

ついにこのコーナーを当初から支え続けて下さっている「例の方」の詳細と
ペンネームが明らかになったのでございます。

ほぼ総て当店でご購入頂いたものからオンエア、という純粋なる感謝の気持ちと
「チャン・ギハと顔たち」だけは何故に当店ではないのか、という捻じ曲がった
小市民的思考からくる疑問がない交ぜになった感情はさておきですよ。

ラジオでお話をされる・・・DJの方とは。

小心者の店長小杉なぞはマイクを前にして何かお話をするためには、
軽く3ヶ月は原稿を練った上で、しかも後で修正がきく録音で、
なおかつ時間は10分以内でないと心が持たないナイーブな人間でございます。

このような方からメールが頂けるというのはこのコーナー、いやこのメールマガジン
全体の格を上げるものですからして、読者の方々にはもうこの番組を是非に
お聴き頂く事をお願いしたい、斯様に思う次第です。

店長小杉ですか?水曜24:00はほぼ100%お仕事中でございまして。
できれば、できるだけ、何とか、もし聴ければ・・・聴いてみたい、
そういう気持ちでございます。

あと、もし可能であればCDは絶版ですが万一お持ちなら「全国鳩連合」か
あるいは「LOWDOWN 30」あたりから1曲流して頂ければ幸いです。

この「ふつおた」のコーナー宛のタイトルは「ふつおた」で、
order@seoul4life.com まで。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す