「韓国は旧正月真っ只中」 2014年1月31日配信号

【 つれづれ。。。 】

冒頭でも書きましたが韓国は旧正月真っ只中、という訳で本日の
気分は3点、SeoulLife Records店長の小杉です。

いや、旧正月、御目出度いのではございますよ。

年に二回お正月気分がある、というのはこの職業ならではのひとつ
ではございましょう。いや、実に御目出度い。

しかしですよ、韓国CDショップ店長という立場に立ってみた時。
新譜情報も何も出ない、これはもうただただ苦痛でございますよ。

新譜情報が出ない、これはつまり自動的にお客様の御注文も少なく
なりがちなこの時期。

お客様の御注文あってのショップ、ショップあっての店長、
店長あっても特に何も無し。

お仕事を取り上げられた様な気分になる訳です。

そんな中ですよ。
韓国事務所の男性スタッフから

「いやあ、いま妻と一緒にロッテワールドに来てまして」

なんて幸せな電話を受けてしまうと、40歳独身彼女無し男性の
心の琴線は全部断線してしまう訳です。

そんな、そんな金曜日。
そんな、そんな旧正月。

皆様のご注文をお待ちしている店長小杉でございました。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す