「シャンプーとコンディショナーのデザイン」 2013年12月30日配信号

【 つれづれ。。。 】

さて、おそらく今年最後のメールマガジン、肝心の本日のお昼は
「どん兵衛かき揚げうどん」のSeoulLife Records店長の小杉です。

ここ数年、毎年最後のメールマガジンは真面目になる、というのが
恒例ではございました。

しかしですね、本日冒頭のどん兵衛をすすりつつ思ったのです。

「店長小杉の真面目、に一体どれほどの価値があるのか」

そしてすぐ答えは出たのですよ、全く無い、と。

そんな訳でですよ、今年最後のメールマガジンはもういつも通り、
本寸法に、と申しますかですね。

「何故に本日店長小杉の頭がカユくて仕方ないのか」

を書かせていただきます。
何でしたらばいつも以上に下らないテーマでございますね。

思い返せば昨日ですよ、丁度シャンプーが切れてしまったので
ドラッグストアにまいりまして。

頭皮が心同様に超敏感&乾燥肌なもので、使えるシャンプーは20年近くの
試行錯誤を経てこの1種類、というものがあるのですね。

若干他のものよりお高めなのですが、これ以外を使ってしまうと
もう頭皮が心同様に血だらけカサブタだらけ、になってしまうという厄介な
体質のために庶民以下、何でしたらば相当以下、下の下、の経済状況を誇る
店長小杉でもここはそう簡単に節約という訳にはいかないのです。

しかしですよ。
年末だからなのでしょうか。

そのお高めのシャンプーの詰め替え用が何と特売されておりまして。
しかも半額近いお値段なのです。

昨今「定価」「何割引」の表記が問題視されておりますよ。
ここを深く掘り下げては申し上げませんが。

しかし、このシャンプーは使い慣れたもの、買い慣れたもの。
お店によって若干は違っても、おおよその相場は知っております。

丁度シャンプーが切れた日に破格のこのお値段。

そのお店に何の事情があってそこまでのお値引きしたのかは存じませんが、
個人的にはこれは真面目に1年を過ごしてきた者への神様からのご褒美に違いない、
そう思いましてすぐ購入いたしましたですよ。

で、早速詰め替えて使ったのですね。
そして今日頭がカユくて仕方がないと。

皆様ある程度はお気づきかも知れませんが簡単なお話ですよ。

「買ったのがコンディショナーだった」

だけの事でして。

購入して、封を開けて、詰め替えて、使ってみて、その何段階かの間全く気付く
事も無く半日以上経過して、それでようやく気づいた次第でございます。

確かに思い返せば何となくパッケージの色もちょっと違いましたよ。
詰め替える時にいつもより何だかドロドロしてるな、とも思いましたよ。
洗髪中も全然泡が立たないじゃないかと思っておりましたよ。

その総てを「たぶんちょっと商品をマイナーチェンジしたんだろう」という
固定観念で爽やかに流してしまった店長小杉。

ささやかながら2014年も先が思いやられる出来事でございます。

しかしこのようなただただ下らなく、内容がなく、面白くもないお話に
お付き合いいただきました心優しい読者の方々、お客様の方々の2014年は
幸多いものであることを心からお祈りしつつ、メールマガジンを締めくくらせて
頂きたい所存でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す