「韓国は既に氷点下」 2013年11月27日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日のお昼はコーヒーとクロワッサンで軽めにすませましたが、
改めてクロワッサンの美味しさに気づいたSeoulLife Records店長の小杉です。

韓国は既に氷点下だそうでございますよ。

ここ数日寒い寒いといってついに今年初めてストーブに火をつけた
店長小杉ですが、ここ神戸はまだ氷点下にはなりそうもございません。

この気温で寒いと言ってては話にならんと鼻で笑われましたですよ、ええ。
韓国の女性スタッフ達から「今現在のハンパじゃない雪の降り方」の
動画まで送られてきまして。

しかしですよ。

色々あって韓国のお宅にお邪魔したりした事も多い店長小杉ですが、
韓国の家で寒い、と思った事は無いのですね。

例のオンドル(床下暖房)のおかげでございますよ。

何でしたらば、室内なら結構薄着で過ごせるくらいに伺ったお宅は
どこもホカホカでして。布団なんてペラペラの1枚で全然OKでございました。

対して店長小杉の安普請のワンルーム。
木造で築年数も結構いっております。

部屋の中で震えが止まらない程に冷え込むのは、木造、そして安普請、
あちこちで隙間風があるせいでございましょう。

「店長小杉宅の5℃は韓国のマイナス15℃」

これを一度、韓国事務所の女性スタッフ達に体感して欲しいものでございます。
ここに若干の良からぬ考えがあるのは、それはもうお見逃し下さいませ。

温かさというものに飢えている40歳独身彼女無し男性の戯言でございますからして。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す