「韓国のスマートフォンを使う」 2013年11月14日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日のお昼は野菜ジュースとヨーグルトのみ、健康的だかそうでないのか
よく分からない内容で済ませましたSeoulLife Records店長の小杉です。

いや、先週ひいた風邪がまだ完治しておりませんで。
なかなか食欲が沸かないのでございますね。

で、つい先日の事でございますよ。
韓国の友人から韓国のスマートフォンを頂きまして。

2年ほど前に店長小杉もスマートフォンを購入はいたしましたですよ。

しかし様々な面倒くささからすぐに使用を諦め古いパカパカ携帯に逆戻り、
放置しておりましたところですね、この先週の風邪で足元がフラフラに
なっている時にうっかり踏み潰してしまいまして。

哀れ、おそらくその機能の1/10も出さなかったであろうまま、
店長小杉のスマートフォンは他界されてしまったのでございます。

さぞ不本意だった事でございましょう。
極度のアナログ人間に気まぐれで購入されてしまったばっかりに。

しかし急にお仕事で少しの間スマートフォンの画面を見なければいけなくなり、
急ぎ友人からお古を頂いた、とまあこういう次第でございます。

電話の契約は無いのですが、オフィスのWifiがあれば必要なお仕事には
充分に使えるのですね。

一通り使ってみて、お仕事に差し障りが無い事は判明したのですが、
これは韓国のスマートフォンでございまして。

「放っておくとたまに韓国語で何か言う」

のですね。

これがまた、何を言っているのかサッパリわかりません。

時刻とかそういう事を言っているのではないのは分かるのですが、
言ったり言わなかったり、時間も不定期でございます。

「次は聞き取ってやるぞ」

と意気込んでいる時は全く何も言わず、気を抜いた時不意打ちのように

「%$#?$#~」

とくるわけです。

これがここ数日店長小杉の風邪でモヤモヤしている頭をさらに
モヤモヤさせておりまして、あるいは友人が

「不定期で店長小杉の悪口を韓国語で言うアプリ(無料)」

みたいなものをコッソリ入れてるんじゃないか、そんな疑心暗鬼に
かかっている次第でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す