「女性の選り好み結果なのか」 2013年11月12日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日のお昼は野菜ジュース1リットル、ビシっと飲み干させて
いただきましたSeoulLife Records店長の小杉です。

で、冒頭に書きました本来月曜日に出すはずであったこの号が
何が故に火曜日に配信なのか。

簡単なお話、店長小杉、昨日不覚にも風邪で床に臥せっておりまして。

これをよく体調管理ミス、という言葉で表しますが、それには
若干の違和感がございまして。何なら病院に居る方々は全員ミスした方々、
という事になるのではないか、と思うのですよ。

人間と生まれたからには病気はするものでございますよ。

と、まあ自分の責任を極力低減させるような前置きを書いたところでです。

病気をしたからといってお見舞いに来てくれる女性なぞ居ようはずもない
40歳独身彼女無し男性が、熱だの咳だの節々の痛みに苦しみながら見上げる
安普請のワンルームマンションの天井。

ああ、このまま延々とモテ続けず、最後はこうやって独り寂しく死んで
行くのではなかろうか、そんな嫌な考えも頭をよぎりますですよ。

そこで天井を見つめつつ思い出したのが先日行きつけの飲み屋さんの
お母さんが優しく店長小杉に言った一言。

「アンタ選り好みしとったらアカンよ!はよいい相手みつけや!」

ボンヤリした頭にその言葉が染み入ってまいります。
そうだ、はやく風邪を治していい相手を見つけなければ。

しかしその言葉を支えに気力を振り絞って何とか若干回復し、本日仕事を
していて思ったのです。

「かつて女性を選り好めた記憶が無い」

ことに。

飲み屋のお母さん、店長小杉はこれまで全力投球の結果で現在この有様なのです。

かくなる上はもはや人類に見切りを付けて、犬、あるいはネコ、そのあたりで
いい相手を見つけたほうが現実的なのではないか、そんな、そんな火曜日でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す