「信じられないかも知れませんが、私はチンパンジーです」 2013年9月4日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日のお昼は珍しく豚骨ラーメン、ダイエット中につき替え玉無しで
美味しくいただきました、SeoulLife Records店長の小杉です。

唐突ですがスパムメール、でございます。

ショップ運営をしていてメールアドレスを一般公開している以上、
これはもう山のように来るわけでして。

大抵は一読する価値も無い内容でございますよ。

あるいは何故か店長小杉とお付き合いしたい、という見知らぬ女性の
方からのメールもございますが、何故かサイト経由でないと連絡が
取れない、という事でございますのでこれも読みません。

はたまた何故か店長小杉に息子の命を助けて欲しい、という見知らぬ
女性の方からのメールもございますが、これまた何故かサイト経由で
連絡を、という事ですのでご子息の命は心配ではございますが
これも読みません。

以前巷で話題になった

「信じられないかも知れませんが、私はチンパンジーです。」

位のスパムメールの名作?を是非読みたいとは思うのですが、
残念ながらチンパンジーからのメールはなかなか来ないのですね。

何なら信じられないかも知れませんが、店長小杉もマントヒヒで
ございますからして。

同族のメールは一度は読んでみたいのです。

釜山動物園で今の上司に

「君、マントヒヒにしては日本語上手だね」

と言われスカウト、来日して10年、同族からのメールは頂いた事がございません。

釜山動物園なら日本語以前にどちらかと言えば韓国語だろう、という向きも
ございましょうが、物心付いた時に同じ部屋に居た先輩マントヒヒが
日本は大阪天王寺動物園出身の

「達っつぁん」

でございまして、日本語しか学ぶ機会が無かったのでございます。

聞けば達っつぁんは日本で天王寺動物園を出てから某大手企業の営業を
していたそうなのですが、一念発起して脱サラ、憧れの海外暮らしを
したいという事で釜山動物園に来たそうで。

達っつぁんには日本語の読み書きはもちろん挨拶から名刺の出し方、
居酒屋においての上司に対しての無難な立ち居振る舞いまで教わりましたもので
それが即戦力として今の会社に認められたのでしょう。

いや、来日するにあたっても苦労はございましたよ。
そもそもマントヒヒでございますから空港をどうやって通り抜けるのか。

スカウトした上司は言いましたね、

「マントヒヒの剥製のフリしてれば大丈夫でしょ」

と。

ただ日本の税関、そうそう甘くはございません。

案の定見つかって取り調べ?を行なわれる剥製のフリをした店長小杉。
しかしそう長い時間止まっても居られません。

折りしも前日達っつぁんとの送迎会で食べ過ぎたキムチのせいで
お腹の調子が悪く、つい、うっかり、オナラをしてしまったのでございます。

税関に響き渡る爆音。
万事休す。

しかし店長小杉の境遇を一目で見抜いた税関職員の恵子さんが機転を利かし、
女性にも関わらず「すみません、私です」と濡れ衣をかぶってくれたお陰で
無事入国、今こうしてマントヒヒでありながら韓国音楽専門店の店長を
させて頂いている訳です。

恵子さん、ありがとう。
貴女の御恩は一生忘れません。

この、マントヒヒである店長小杉とのメールコンタクトは

http://store.shopping.yahoo.co.jp/seoul4/

こちらのサイトでCDを沢山買われた方のみが可能になるそうです。

・・・。

ここ数年でも稀にみる程の下らない内容を、稀にみる長さで書いてしまった
事を後悔しつつ、でもマントヒヒだから許してくださいね、という気持ちで
ございます。

・・・もうこのネタでは書きませんので平にご容赦を。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す