「珍しく店長職らしい努力をする」 2013年7月24日配信号

【 つれづれ。。。 】

本日のお昼は多忙につきお弁当を購入したものの食べる時間も無く、
結局お抜き、SeoulLife Records店長の小杉です。

いや、さすがにこの長さのメールマガジンとなりますと、作るだけで
1日仕事になってしまうのでございますね。

で、さらにこの巻末の駄文、40歳独身彼女無しの生態系を垂れ流す
だけのこんな文章でも意外に時間がかかってしまうのでございます。

そして最近、商品情報の関係で「メルマガお急ぎ便」の頻度が
増えまして、そちらの巻末でもこんな駄文を書いておりますため、
ネタ切れで悩んでいる時間のかかり具合が半端ではないのですね。

巻末の文章はただただモテない、今や中年男性の生活が主な内容でございます。
日々そんなに文章にしてお伝えするような変化があるわけでもございません。

しかしここでもうひとつ悩みが、

「お急ぎ便の読者数が非常に少ない」

ことでして。

せっかく書いた巻末の駄文が広くお届けできない、いやこれは実に本末転倒で
ございまして、せっかく書いた商品情報が広くお届けできない、これは由々しき問題です。

そこで今回、独断でこんなイベントをやってみようと思いまして。

(現在は終了しています)@seoul4life.com

こちらに空メールを頂いて、メルマガお急ぎ便に新規登録された方には
もれなく

「問答無用に100円引きクーポン(8/2まで有効)」

これを差し上げようと。

(現在は終了しています)@seoul4life.com

に空メールをいただければ、折り返し登録完了の自動返信メール内に
クーポンのアドレスが入っている、そんな塩梅でございます。

まあ、仮に100名登録頂いたとして10000円分のクーポンが出る事に
なりますが、そこはもう最悪店長小杉のポケットマネーで責任が取れます。

問題は1000人、2000人、あるいは1万人のご登録を頂いた場合ですが。

それはもう、社長様に土下座の覚悟でもって望もうと考えております。
会社にとって悪い事でもございませんし。

しかしながら一番恥ずかしいのが3人、とかそういう結果に終わった場合
でございまして、これまた違う意味で社長様に土下座もの、でございましょう。

ここはふるってご登録をば頂きたい、前者の土下座をさせて頂きたい、
そんな、そんな風に思う次第でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

タイトルとURLをコピーしました