「音声検索の検索結果精度」 2012年7月20日配信号

【 つれづれ。。。 】

インターネットで物を販売する、こういう職業に就いておきながら
アナログ主義、アナログ人間なSeoulLife Records店長の小杉です。

今回スマートフォンのお話でございますよ。
略して”スマホ”、でございます。

「”スマートフォン”と書かれる事が多いのに、どうして略称が
”スマフォ”じゃなくて”スマホ”なのか」

という、まあ実にどうでも良い事で仕事中スマホを触っていたスタッフに
からんでおりましたお昼下がり。

「店長、音声で検索できるのって知ってます?」

失礼な。
それ位は知っておりますとも。

店長小杉の持っておりますスマホではただの一度も使った事がない機能で、
おそらくこの先も使う事は無いであろう機能ではございますが、
たぶんどこかのボタンを押せばできるのであろう、という事位は知って
おりますよ。

やった事がないのであればひとつ試しに、とスタッフのスマホを受け取り
まして、店長小杉の名前をスマホに向かって言ってみました。

「こすぎたいすけ!」

ご存知無い方のために少しご説明をいたしますと、スマホに向かって
喋った後、ちょっと間を置きまして

「あなたはこう言いましたよね?」

という結果が画面に表示されるのでございます。

で、表示されました。

「”おっぱい”」

と。

崩れ落ちるスマホの持ち主のスタッフ。

もう1回試してみました。
で、表示されましたのが

「”休みたい”」

・・・。

ある意味店長に関連した結果を出してはいますよね、というスタッフの感想は
さておきまして、さらに何回か試してみました。

「こすぎたいすけ!」 → 「乙に対して」

「こすぎたいすけ!!」 → 「オス2歳、公園」

「こすぎたいすけ!!!」 → 「高すぎ痛いすげえ」

「こすぎたいすけ!!!!」 → 「交通費一体整形」

「こすぎたいすけ!!!!!」 → 「更新中大正解」

「こすぎたいすけ!!!!!!」 → 「高収入バイトK」

スマホがスマートだの何だの言っても所詮この程度の事よ、と
アナログ時代遅れ人間のちょっとした反抗心を満たしてくれた
瞬間でございました。

最後の高収入バイトについては少し検索してみたのはナイショのお話でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

タイトルとURLをコピーしました