「ビールとざる蕎麦と白ご飯」 2012年5月22日配信号

【 つれづれ。。。 】

誰が悪い訳でもない、何の悪意もそこにはない、日常に潜むささやか
な悲劇、これを体験しましたSeoulLife Records店長の小杉です。

先日のたまのお休み、日も高いうちからビールとざる蕎麦で
江戸っ子を気取ってみようかと出かけまして。

ええ、店長小杉、江戸っ子ではなく生粋のうどん大好き関西人、では
ございますが、なんとなくこの組み合わせに「江戸っ子」なイメージを
勝手に持っているのでございますよ。

で、近くのお蕎麦屋さんの暖簾をくぐりまして。

メニューとにらめっこをしておりますと、何となくざる蕎麦だけでは
ちょっとお腹が心許ない気もしてまいります。

そこでざる蕎麦定食、これに決定いたしまして。
店員さんにその旨伝えたのでございます。

「ざる蕎麦定食を・・・」

「すみません、いま炊き込みご飯を切らしてまして、白ご飯に
なっちゃうんですが宜しいです?」

「あ・・・は、はい・・・?」

「じゃあお持ちしますね~」

ええ、にわかにはこれが何を意味するものであるか、理解できない
ものでございますよ。

炊き込みご飯が白ご飯に変わる、と。
それだけの事でございます。

店長小杉といたしましても、そこに含まれる人参蓮根蒟蒻その他、
炊き込みご飯の具材にそう執着があるわけではございません。

要はざる蕎麦だけではお腹がちょっと心許ない気がする、という事
でしたもので。

で、少し経って出てきたわけでございますよ。

ざる蕎麦と白ご飯が。

ここで映像として目の前で見せられて初めて、人は己の過ちの大きさに
気づくのです。百聞は一見に如かず、とはよく言ったものでございます。

ムリです。
ざる蕎麦で白ご飯は食べられません。

横にはよく冷えた瓶ビール。
ますますムリでございます。

しかしこれでお店に何か言うのは筋違いでございますよ。お店は説明をし、
店長小杉は受け入れ、結果としてこの状況がある訳でございますからして。

この問題、店長小杉自身の責任において解決せねばなりません。

白ご飯に対処すべく手持ちの材料を再確認いたしますと、ざる蕎麦、
そばつゆ、ネギ、ワサビ、沢庵二切れ、お茶、ビール。

絶望的です。

しかしここから状況は奇跡の回復を見せるのでございます。

まず白ご飯にお茶をかけてお茶漬けに。
何だか勢いで食べられそうな気がいたします。

そこにネギを少し散らします。
なんだがちょっと高級感が出てまいります。

さらにワサビを少々。
お茶漬けの素で見たような気がいたしましたもので。

沢庵をその上に浮かべますと・・・
成立です!この瞬間定食として成立いたしました!

何とも立派なお茶漬けが完成いたしまして、「ざる蕎麦お茶漬け定食」に
生まれ変わったそれをサラサラっと頂いたのでございます。

人間追い込まれると妙な力を発揮する、というよく耳にいたします現象を
破格のスケールの小ささでお伝えする回となりました。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す