「一発録音前のメンタルコンディション」 2012年4月20日配信号

【 つれづれ。。。 】

週末、趣味のバンドのレコーディングを控え頭の中が”ロック”に
支配されかかっているSeoulLife Records店長の小杉です。

まあ生意気にレコーディングとは申しましても、一発録りといわれる
昔ながらに全楽器にマイクを立てて

「せーの!」

で全パート一気に録ってしまう方法なのではございますが。

加工も手直しもできませんので、おそらくミス満載のスゴい仕上がりに
なるとは思われますが、出来上がった折にはお耳汚しではございますが
一度聴いていただければ、そう思う次第でございます。

で、冒頭頭の中が”ロック”に支配されかかっているとは書きました
ものの、それは音楽の”ロック”ではないのでございますよ。

そんなアートの香りのする、カッコの良い人間ではございません。

そもそも音楽の”ロック”といえば今や古い定義かもしれませんが
若者の反逆の証、しかし店長小杉、もはや若者でもなければ元々
反逆的な思想なぞカケラも持ち合わせてはおりません。

どちらかといえば、生きていれば世界が人に付き付けてくる様々な
ものを大人しく黙々と飲み込んで生きていく、そういうタイプの
人間でございます。

では何か、と申しますと単純に”ロック”という単語に支配され
かかっているのでございますよ。

えー・・・。

ここで前もってお断りをしておきますが、ここからビックリする程に
「しょうもない」お話になるのでございます。

事の発端は今も店長小杉を悩ませる花粉症、これの薬に書いてあった
キャッチコピーでございまして。

「鼻でブロック!」

これでございます。

これがどこでどう間違ったか花粉症の薬を飲むたびに、このキャッチコピー
が頭の中で

「花デブ・ロック!」

という言葉に変換され、語感の気持ち良さからそれがグルグル頭の中を
回り続けている、ただ、ただそれだけの事でございまして。

よくもまあこの低レベルな内容でこの長さの文章をダラダラ書けたものだ、
と我ながら呆れてしまったところでお開きにさせていただきます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す