「少し真面目な年末のご挨拶」 2011年12月30日配信号

【 つれづれ。。。 】

さてみなさん、今年最後のつれづれで、できればしたい重大発表、
実は彼女ができました、そんな事を思いつつ、相も変わらず独り身の、
寒さこらえて書いてます、ありがとう浜村淳です。

えー、まあ当然浜村淳さんではなく、SeoulLife Records店長小杉で
ございます。

関西圏以外ではあまり通用しないであろう今年何度目かの浜村淳さん
の物真似?でございますが、まあなかなか文章にしてもあの名調子は
到底再現できないものです。

今年最後の「つれづれ」でございますよ、ええ。

おそらく読者の皆様方も思われている事でございましょう、
今年は実に大変な年でございました。

そんな大変な中でも日本全国のお客様から変わらぬご愛顧を頂き、
また色々なお便りも頂きまして、私共、ただただ韓国の音楽をお届け
する事しかできないのではございますが、そこに改めて何かを
見出せたような気がする、そんな1年でございました。

2012年という年が、なかなか至らぬ部分もございます当店で
お買い物をいただいている心優しいお客様方にとって良い年となる事を
心より願っております。

来年もこれまで通り韓国より新しい音楽を届け続け、そしてこの
「つれづれ」ではこれまで通り精一杯の内容の無いお話を書き続け
られれば、そう思う所存でございます。

毎年恒例の年に1回のマジメな文章はこのあたりで、また次回より
昔実家で出てきたカルピスより薄めな内容を一生懸命お届けしたいと
思います。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す