「スマホの調子が悪くなる原因」 2011年11月1日配信号

【 つれづれ。。。 】

最近ようやく少しスマートフォンに慣れ始め、ハイテク生活(死語)
を満喫しておりましたSeoulLife Records店長の小杉です。

電話にメール、音楽鑑賞に写真、文章を書いたりニュースを読んだり、
そういうものが小さな端末ひとつで全部できてしまうのでございますから、
これは便利でございます。

ただですね。

この小さな端末ひとつで全部できる、ということはつまりで
ございますよ、この端末ひとつダメになると全部できなくなる、
そういう事でもございまして。

で、ここでこの「つれづれ」冒頭の文章の一部が変な理由が
何となく読者の方にも伝わるかも知れません。

「満喫しておりました」

のでございますよ。ええ。

どうも何かの拍子でヘソを曲げてしまったらしく、何かとうまく
動作しなくなってしまいまして。現在ギリギリ通話は可能な
状況でございます。はい。

そういえば、最近このスマートフォンを持ってスポーツジムに行く
のですね。音楽鑑賞しつつ運動という自分なりの優雅な時間、これを
満喫するためでございます。

ただ、このスマートフォン、持ったまま運動するには重くてですね、
運動用の機械のパネル部分?(何km走りました、という表示が出る
部分ですね)にいつも置いて、そこからイヤホンで音楽を聴きつつ
運動をしております。

そこでこういう事がよくあるのでございますよ。

「あ、あのキレイな人の隣の機械が空いたからそこに移動できないものか?」

という事が。

小心者の店長小杉は少し様子を見ます。
誰もそのキレイな人の隣の機械を使う気配はございません。

「では、移動しなければ・・・」

というあたりで、すっかり耳にイヤホンがささっている事、その先に
スマートフォンが繋がっている事、それが不安定な状態でパネルの上に
ただ置いてあるだけの状態である事、そういう事が店長小杉の頭からは
スッキリ爽やかに消え去っているのでございますよ。

結果どうなるかと申しますと、当然ながら

・頭が空っぽの店長小杉が移動を始める
・耳に刺さったイヤホンが引っ張られ
・パネルの上からスマートフォンが落ちる
・ガシャーン!
・落ちた音で注目されてしまい、キレイな人の隣に移動できない

という事を最近10回ほど繰り返しておりまして。

最近スマートフォンの調子が悪いのはおそらくこのせいではないか、と
考えているのではございますが・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

タイトルとURLをコピーしました