「大阪の某公園でネコ約30匹が捨てられる」 2011年3月4日配信号

【 つれづれ。。。 】

どちらかといえば完全にラジオっ子、テレビをあまり観ない
SeoulLife Records店長の小杉です。

長尺のトーク、話芸、が好きなところがございまして、勢い
FMではなくAM派でございますね。

ただ、そのラジオをニュースの情報源、として考えた時には
いささか物足りない部分もございまして、結果としてニュースは
インターネットで、という感じで過ごしております。

で、ですね。

先日ふとそのインターネットのニュースを見ておりますと

「大阪の某公園でネコ約30匹が捨てられる」

というニュースがございまして。

ウロ覚えですがペット業者か何かが捨ててしまったようですね。
このまだ寒い時期、ネコも災難でございますよ。

というような内容を手の空いたスタッフと話しつつ、
そのニュースの続きを読み上げておりますと

「捨てられたネコはいずれも1匹数十万円の高級な品種で・・・」

ここで我々の動きがピタっと止まったのでございます。

「・・・ひょっとして店長、同じ事考えてませんか?」

「・・・捕まえに行きますか?」

合計30匹、1匹10万円として300万円。
それが現在公園に落ちている、というと表現がアレでございますが
とりあえず今公園に居るわけなのです。

これを浅ましい、と言わずして何というか、という思考回路で
ございますが、私共正直にお金に対する欲求が少なからずある
庶民中の庶民、でございまして。

では捕まえたとして、その30匹のネコをぶら下げて電車で
帰るのか、そしてどうやってその30匹のネコの引き取り先を
探すのか、キャットフードの備蓄が必要なのではないか、
残ったネコは誰が飼うのか、という議論をしている間にですね

「・・・大半のネコは既に捕まってしまいました」

というニュースが。

軽い落胆と共に仕事に戻る我々。

何につけ浅ましい事は考えるものではございませんね、という
良識ある普通の方々には何の意味も無いシメで今回は終りたいと思います。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

タイトルとURLをコピーしました