「iPhoneに原始的なイタズラ」 2010年7月6日配信号

【 つれづれ。。。 】

スタッフが買ったiPhoneを時々いじらせてもらっておりまして、
その高機能ぶりに驚いているSeoulLife Records店長の小杉です。

ほぼパソコンでございますね、iPhoneって。

音楽も聴ければ動画も見られる、ゲームもできれば各種お役立ち
ソフトも使えて、カメラも付いていて。

なおかつ電話もかけられると。

電話「も」といいたくなるくらい、もはや電話を超越した物体
なのでございます。

うらやましい。

その一方店長小杉の携帯電話といえば、先日弟のおさがりに変えて
ようやく画面がキレイになったと喜んでいる程度のものでして。

で、目の前にそのスタッフのiPhoneがあるのです。

ひがみ精神の強さでは定評のある店長小杉、これはひとつ
何かせねばなりません。

電話帳にはおそらく店長小杉の携帯番号があるはず。
これをひとつ、キムタクの名前に変えてやりましょう。

・・き・・・むら・・・た・・・くや・・・と。

これで、しばらくして電話を鳴らしてやれば驚くハズでございます。

ハズでございましたが、スタッフの

「あれ?木村拓也って元広島の選手じゃなかったっけ?」

という声を聞いて、なかなか言い出せない状態でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す