「姪っ子が似ている大物達」 2010年6月18日配信号

【 つれづれ。。。 】

人間、やはり「顔」なのではなかろうか、いや、そうであって欲し
くない、と最近特に思うSeoulLife Records店長の小杉です。

ただ、今回は店長小杉のお話ではないのですね。

店長小杉の顔面事情につきましては、何度か書いてきたので割愛
しようかとも思ったのですが、今回初めて読まれる読者の方も
いらっしゃるでしょう。

簡単に申し上げると、元巨人の桑田投手、現カブスの福留選手が
偶然一緒に乗り合わせたバスが交通事故にあったような顔で
ございます。

で、それはそれとしてですね、姪っ子の「顔」のお話なのです。

生まれたばかりの頃は、それはもう誰であっても正体つかないと
いいますか、まあ「赤ちゃん」の顔でございます。

しかしながらしばらく経って、一族全員が思ったのです。

「誰かに似ている」と。

当初それが誰なのか、誰も分からなかったのですが、
父親である弟の心無い一言で皆ハタと膝を打ったのでございます。

元横綱、朝青龍関。

朝青龍関にソックリなのですね。
好き嫌いはさておき、希代の大横綱に間違いなく似ているので
ございます。姪っ子が。

・・・残念です。

この子の行く末について心無い会話が飛び交う中、何も知らず
ニコニコ笑っている姪っ子が不憫でございました。

しかし、ここで流石は年の功、店長小杉の母親が助け舟を出し
まして。

「赤ちゃんの顔なんて、すぐ変わってくるよ」

説得力がございます。
唯一憮然とした顔をしていた弟の奥さんも納得でございます。

で、それからしばらく経ちまして、先日一族揃った時に母親が
姪っ子を見て行ったのです。

ほら、もう朝青龍には似てないでしょ、と。

確かに。

不思議なことにもはやそこには横綱の面影はございません。
良かった良かった、と皆安心したのもつかの間、

「今もやっぱり誰かに似てないか」

という議論が再発したのです。

色々な名前が出ますもののイマイチ決定打に欠ける中、
伯父である店長小杉の心無い一言で皆ハタと膝を打ったのでございます

亀井静香氏。

元金融担当大臣にソックリなのでございます。

そこからまた心無い会話が飛び交い始め、とりあえずとにかく
誰でもいいから「女性」に似てくる可能性は無いのか、という
お話でございます。

個人的には今のところ直近で可能性があるのは亀井静香氏から
徐々にスライドしていって

狂言師、和泉元彌のお母さんの節子さん

ではなかろうか、と思いますもののこれを弟夫婦に伝えたものか
伝えないものか悩ましいところです。皆様このようなご経験は
おありでしょうか・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す