「孤独の誕生日に相応しくない曜日」 2010年5月28日配信号

【 つれづれ。。。 】

あと2日で一体どうなってしまうのだろう、という恐怖感から
逃れられないSeoulLife Records店長の小杉です。

前回も書きましたがあと2日、で不肖店長小杉の誕生日、
でございます。

まあ、正直なところを申しますとこれで何歳になろうとも
あまり気にしてはいないのでございますが、問題はその日が

「日曜日」

であることです。

当然のように独身彼女無しで迎えるこの日、最悪の手段として
同僚にプレゼントをたかることもできず、ご飯をおごって貰う
こともできず、ひとり過ごす事になるのですね。

困りました。
これまた当然のように特段の予定もございません。

普段の人望の無さというものが露骨に顕わになる瞬間です。

皆様はこのような日、どのように過ごされるのでしょうか。
そもそもこんな日無いよ、というのはナシの方向でございます。

今回の駄文は短めに、今日はじっくり目の前の問題と自分に
向き合ってみたいと思います。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す