「何でもTカードを出せばいいという訳でもない」 2010年5月14日配信号

【 つれづれ。。。 】

最近、某ポイントカードのポイントを貯めることに精を出している
SeoulLife Records店長の小杉です。

アレでございます、某レンタル店の某カード。

某某というのも何ですので・・・そうですね、アルファベット1文字
で略して、以下「Tカード」、とでも書かせていただきましょう。

以前、お付き合いのある会社の方に

「小杉さん、これ以外とバカになりませんよ。コンビニ行くときに
出すクセをつけておくだけで結構ポイント貯まっちゃいますよ」

と言われまして。

以来、コンビニに行くときは必ずTカードを提示。
コンビニ以外でも出せるところでは必ず出すようになりまして。

言われた通り、バカにならないものでございます。

30半ば独身彼女無しの身分からしますと、コンビニ無くして生活無し、
という状態でございますから、ふと気づけば数百円分のポイントが
貯まっておりました。

まあ数百円ではございますが、何もしなければ無かった数百円、
でございます。缶ビール1本くらいなら買えてしまいます。

これで味をしめてしまいまして、より色々なところでカードを出す
クセをつけていったのですが、昨日のことでございます。

カウンターでカードを出したのですが、店員さんが怪訝な顔を
するのです。

出すカードを間違えたか、とカードを見直したのですが
間違いなく「Tカード」でございます。

ポイントを貯めたいのですよ。ええ。

しかし店員さんの怪訝な顔は変わらず、少し考えてようやく
気づいたのですね。

ここがスポーツジムであることに。

慌ててスポーツジムの会員証を出して、クスクス笑いを背後に
逃げたのでございますが、このクセ、また病院だの違う場所で出そうで
恐ろしくなっております。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す