「モグラ叩きは動物虐待である」 2010年4月13日配信号

【 つれづれ。。。 】

たまにこの「つれづれ」にも登場する甥っ子の遊び相手として抜擢
され、週末2日を丸々潰してしまったSeoulLife Records店長の小杉です。

もっぱら何をしていたかといいますと

「モグラ叩き」

これでございます。

ただ、これが普通のモグラ叩きではございません。

実家の居間の机を横に立てかけまして、片方にハンマーを持った
甥っ子、片方に店長小杉扮するモグラがおりまして。

机の影からひょこひょこ顔を出す店長小杉を甥っ子が延々と
ハンマーでシバき続けるという、伝統的な「罰ゲーム」の
香り高き遊びでございます。

最初はまあ軽い気持ちで始めたのですが、そのうち気づきました。

「ゲームが終わり、となる目標が無い」

のでございます。

端的に申しますと、甥っ子の気の済むまで店長小杉がただただ
シバかれ続ける、というこれだけなのですね。

これが恐ろしく体力を使う遊びでございまして、早い話がずっと
スクワットを続けているようなものですから腹筋背筋、太ももが
悲鳴をあげてきます。

しかしモグラが脱走しようとしますとたちまち捕らえられ定位置
に戻されます。

モグラ叩きが動物虐待である事について懇々と説明するのですが、
納得してもらえません。

ミミズだってモグラだってアメンボだって、みんなみんな生きて
いるんだ友達なんだ、と。

あ、今気づきましたが、モグラではなくてオケラでしたね。

そういう訳でございまして、月曜日からどうも節々の痛みから
仕事がはかどらない状況が続いております。

特段のオチもございませんが、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

タイトルとURLをコピーしました