「長洲未来選手を応援します」 2010年2月26日配信号

【 つれづれ。。。 】

このつれづれ、あまり時事ネタを書くことが無いのですが、
今日ばかりは・・・というSeoulLife Records店長の小杉です。

バンクーバーオリンピック。

女子フィギュアスケート。

ええ、ちょっと遅めのお昼を取りつつ、もう食い入るように
見ておりましたよ。

実のところ、まあ現実問題として得点差というものがございますから
そこまで期待はしてはいなかったものの、堂々の結果。

もちろんこの競技に詳しくない店長小杉、何が良いのやら悪いのやら
も分かりませんでしたが、美しいスケーティングでございました。

長洲未来選手。

もうですね、これが一目見た時からこの人を応援しなければ、
と思ったのですよ。何故なのかわかりませんが、こういうものは
巡り合わせのものかも知れません。

キム・ヨナ選手、浅田真央選手、ロシェット選手も素晴らしい
演技でした。もちろんあのリンクに立っている方々はそれぞれの国で
トップクラスなわけですから、皆さん素晴らしいのは当然かも
知れませんが。

点数をつけるのがもったいない、という気持ちでございます。
まあ競技ですからそこは致し方ございませんが。

で、長洲未来選手。

仕事に戻ってから調べてみて愕然といたしました。

16歳だったのですね。

私の半分以下の年齢でございます。
国の代表としてオリンピックに出場。
そして堂々の演技。

・・・。

長洲選手の倍以上生きている、というか生きてしまった店長小杉、
おそらくさらに倍ほど生きてもあのような事はできないでしょう。

色々な感情がないまぜになった状態で、ちょっとオチが
つけられそうにございませんので、今回のメールマガジンは
このあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す