「彼氏が眠れない理由」 2010年2月2日配信号

【 つれづれ。。。 】

どちらかといえばキレイ好き、から正反対の方向の性格だと思う
SeoulLife Records店長の小杉です。

仕事机の上は、もはや元々の木目の表面が見えないほど様々な
ものが積み重なり、「混沌」としか表現のしようがない状態で
ございます。

そんな中、先日スタッフと話をしていた時

「小杉さん、そういえば友達の彼氏の事で意見を聞きたいんですが」

「うーん、別れてしまいなさい」

「他人の幸せには理由なくシビアですね・・・聞いてもらえますか」

「はいはい」

「このまえ、真夜中に彼氏から”眠れない”とかって電話がかかって
きたらしいんですよ」

「まあどうせ眠れないからそっち行っていいかとか来て
くれないかとか、そういう事でしょう。若いうちは色々ありますし
許してあげるのも女性の優しさでございますよ、ええ」

「それが違うんですよ。その彼氏、夕食にカマボコを買ったそう
なんですよね」

「カマボコ?」

「ええ、それでそのカマボコを半分食べて、残りを新しいタッパーに
入れて冷蔵庫にしまったらしいんです」

「うん」

「で、眠れない理由が

”こうして寝ている間にも、あの新しいタッパーがカマボコで汚れて
いくのがどうしても許せなくて眠れない”

・・・んだそうです」

「はい?」

「極度の潔癖症らしいんですよ。もう汚れるとか何とかが完全に
許せないみたいで友達もかなり困ってるみたいなんですね」

「・・・はあ」

「これ、どう思います?私もこれはちょっと・・・とは思うんですけど」

私、カマボコならおでこに載せたまま熟睡する自信がございます。
それがマグロの切り身でもおそらく朝まで起きません。

「別れましょう。汚し汚されずして人間生きていく事なぞできません。
スパっと別れてここに居る独身男性なんかいかがでしょ」

「ムリです。かなりカッコいいらしいんですよ、その彼氏」

「・・・」

今年の目標はお金を貯めて美容整形、に大きく傾きつつある
今日この頃でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す