「クレーンゲーム戦記」 2009年12月4日配信号

【 つれづれ。。。 】

理性、自制心、そういったところにはほんの少しばかりでは
ございますが自信があったSeoulLife Records店長の小杉です。

最近SeoulLife Recordsでうっすら流行っているもの、それが
ですね

「クレーンゲーム」

でございます。

ボタンでクレーンを操作して、景品的なものを掴んで取り出し口
に落とすアレです。

最近事務所の近くにちょっとしたゲームコーナーができまして、
その一角にこのクレーンゲームが置いてあるのですね。

店長小杉も大昔何度かやった事がございますが、クレーンのあまりの
非力さ、やる気の無さ、怠慢っぷりに激怒した記憶がございます。

クレーンというものは物を掴まんがために開発されたにも関わらず、
あの体たらく、先日生まれたばかりの姪っ子ですら、あれよりは力が
あるのではないでしょうか。

と、いうわけで以来見向きもしていなかったのですが、このクレーンゲーム
はちょっとルールが異なるようなのです。

簡単に説明いたしますとですね、

「取り出し口の手前に山のように積まれたお菓子をクレーンで崩して落とす」

もののようなのです。

掴まなくても、ただクレーンをお菓子の山に当てて崩せばいい、ただそれだけ
なのでございます。そして、よくよく見ればもうちょっとした振動で大量の
お菓子が取り出し口に落ちそうな状態です。

1回100円、それで500円分くらいのお菓子が雪崩を打って落ちてくるわけです。

この不景気な世の中でこんなにボランティア精神に富んだゲームがあるとは
思いませんでした・・・が。

落ちてこないのです。

確かにお菓子の山はガラガラと大量に崩れるのですが、取り出し口とは反対側に
崩れてしまうのです。

・・・。

ここで冷静に「こういうものなんだ」と思えれば良かったのですが。
理性、自制心、そういうものが試される時だったのですが。

結局500円を投入、お菓子3コをゲットいたしました。
ひとつ百何十円ですか、結局買ったような形でございます。

で、事務所に帰りましてスタッフにかくかくしかじかということでお話を
いたしますと

「あ、それ近所のスーパーで60円で売ってるやつですよ」

「・・・。」

「昨日私もやったんですが、200円で5コ取れましたねえ」

「・・・・・・。」

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す