「韓国語のマジマグロの意味」 2009年9月28日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
この韓国、韓国音楽に関わるお仕事を始めてからウン年、いまだ
韓国語がほとんどわからないSeoulLife Records店長の小杉です。

私のまわりの韓国の方、スタッフも含めみんな日本語が話せる
ので、ついついそれに甘えてしまって覚えないのですね。

「韓国の彼女を作ったら覚えられるよ」

と友人に言われ、ああなるほど確かにそれはよく聞くパターン
だなあ、それならば、と思いつつ・・・

そもそも100%言葉が通じる日本でできない彼女が、韓国で
できるわけもございません。当然のお話でございまして。

で、そんな店長小杉、韓国語で積年の疑問があったのでございます。

「マジマグロ」

この言葉。

韓国語の会話の途中、ちょくちょく出てくる言葉なのですが、
どうしても、何回聞いても「本当に鮪(マジ、マグロ)」に
聞こえてしまうのです。マジマグロ。

そして回転寿司に行ってマグロを食べたくなる・・・という
変な循環が出来上がってしまい、これは解決しなければということで
本日意味を聞きました。

店長小杉「ひとつずーっと聞きたいことがあったんだけど」

韓国スタッフ「何です?」

店長小杉「マジマグロってどういう意味?」

韓国スタッフ「え?それ韓国語ですか?」

・・・韓国語じゃない?

単に店長小杉の周りの韓国の人が寿司好きが揃っていて

「マジ、マグロって美味しいよね」

を連発していたのでしょうか。
そんなわけありません。それは無茶です。

何回か説明しなおして、ようやくわかりました。

「最後に」

という意味だったのですね。

とはいえこの文章を書いている間もマグロの呪縛は解けず、
マジマグロ、マジマグロ食べに行ってまいります。

・・・ひどいオチでございますが、今回は流してやって下さい。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

タイトルとURLをコピーしました