「韓国のロトくじに当選しました」 2009年9月1日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
運は誰のもとにも平等とは申しますものの、それを一体何処で使って
いるのやら皆目見当がつかないSeoulLife Records店長の小杉です。

前回、韓国のロトくじのお話を書かせていただきましたが・・・

「当たりました!」

見事当選、でございます。

くじを福笹に差して、朝な夕なと手を合わせて拝んでいたおかげ
でしょうか。はたまた日頃女性に対しての運の無さ、その見返りと
して神様が御褒美をくれたのでしょうか。だとしたら、相当な運が
この当選には影響しているに違いありませんが。

で、問題はこの当選金をどうするか、でございます。

喜びにまかせて変な無駄使いをするのはどうかとも思いますし、
これで例えばお仕事を辞めたり、あるいは手を抜いたりするのも
また違うと思うのですね。

やはり人間、アブク銭はそれとして、労働でもってしっかりと生活を
しなければいけないと思うのです。

そして、当然といえば当然なのですが、当選金は「ウォン」でもって
支払われますので、すぐ手元に・・・という訳にもいかないのですね。

ですので実際にお金を手にするまで、しばらくはこの使い道を考える事に
集中しておこうかと思います。

肝心の当選金額でございますが・・・

6等、5000ウォン。

今、最も有力な使い道は

「キムパブ天国でキムチキムパブと餃子ラーメン」

でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

タイトルとURLをコピーしました