「関西国際空港-仁川空港便の機内食が改善されていました」 2009年8月25日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
最近「つれづれCLASSICS」のためにちょくちょく過去の「つれづれ」
を読み返す機会が増えたSeoulLife Records店長の小杉です。

・・・自分がかなりダメな人間だという事を痛感いたしますね。

何年も前から相も変らぬ彼女無し、独身状態。変わったのは年齢に
若干の数字が加算されたくらいでございます。

と、思ったらばですね。

「関西国際空港-仁川空港便の機内食の改善を高らかに叫び続ける会」

の事を書いた回をみつけまして。

要するに、関空-仁川間の大韓航空の機内食について、極めて個人的
かつ不当な文句を言い続けるという、会長1名、会員1名、実質
店長小杉1名という会のことでございます。

美しい客室乗務員さん達が、何も言わなくてもお食事を目の前に
出してくれる、この環境にあって美味しい不味い云々を言うという
非は我にありとしか言いようのない文章でして。

ただ実際、当時は食べた瞬間

「・・・見本?」

と思った事も事実でございまして、あのような文章を勢いで書いて
しまったのです。

で、最近お仕事で大韓航空に久々に乗る機会があったのです。
久しぶりに食べる機内食、直前に食事も食べていなかったので
食べないわけにもいきません。

出てきたものはサンドイッチ的なものなのですが・・・

「美味い!」

のでございます。これが。
明らかに劇的な改善が施されております。

好みでマスタードも付けられるようになっておりまして、店長小杉的
には大絶賛でございます。帰りの便のポテトラップのようなものも
実に美味しゅうございました。岸朝子です。

よもやこの「つれづれ」を関係者の方々でご覧になった方がいらっしゃる
とは思えませんが、何だか個人的に非常に嬉しい気持ちになって
しまいました。

そんな訳で、「関西国際空港-仁川空港便の機内食の改善を高らかに
叫び続ける会」は解散、とあいなった次第でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す