「韓国行きのフェリー内のお風呂」 2009年6月12日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
ようやく夏の兆しが訪れ、毎年恒例行事となっているビーチサンダル
を購入したSeoulLife Records店長の小杉です。

100円ショップでですが。

100円ショップのものも意外にデザインというかプリントしてある
ものが楽しいものが多くて・・・というのは見栄でして、すぐ履き
潰してしまうのでひと夏で2,3回買わなければいけないため、
お財布への優しさを優先しているのですね。

今履いているものは「SEALION SHOW IN SUMMER」という文句と
アシカがボールをキャッチしている図柄のもの。

どこかのアシカショーのグッズで余ったものみたいに見えます。

で、これを履いてボロボロのデニムにボサボサの頭でペタペタ歩いて
いると言われるわけです。

「もうちょっとマシな格好できませんか?」と。

・・・。

そりゃ女の子にモテたければ、やはり見た目もかなり重要で
ございます。というか、ほぼ最優先事項でございましょう。

分かってはいながらも、しかし朝非常に弱い店長小杉、ついつい
楽な格好でそのまま出歩いてしまうのです。

そこで思い出した事が。

今回出張で乗った韓国行きのフェリー、そこには船内に銭湯のような
浴室があって、のんびりお風呂に入れるのですね。

ノンビリくつろいで入れるので、フェリーでの移動が好きな理由の
ひとつなのですが、私に限らずついつい「くつろぎ過ぎ」てしまう事も。

「ここ、家ですか?」

という格好でウロウロしてしまうのですね。
ええ、浴室を出れば女性客も沢山居られるわけで、そこでハっと我に
返って急いで頭や服を直したりするわけです。

で、先日同じように分かっていながらもついつい「くつろぎすぎ」た
状態で浴室を出ようとしたところ、不思議なものを見つけたのですよ。

扉の取っ手のところに

● ←取っ手

== ==
O  O  ←切り抜き写真

こんな感じで、女性の目の部分だけを切り取った切抜きが貼られている
のです。

うーん・・・?

そこで気づきましたね。
急いで鏡の前に戻って、OK!ということで浴室を出まして。

これ、なかなか名案というか、店長小杉宅にも取り入れようかと
思案中でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す