「自宅で異臭騒ぎ」 2009年5月15日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
そろそろどちらかといえば「暑い」感じになってきた神戸、年中
Tシャツで季節感のないSeoulLife Records店長の小杉です。

もうすぐ夏なんでしょうね、冷たいものが欲しくなります。

健康診断で見事肝臓が引っかかり、こういう時期にゼヒ飲みたい
ビールが全く飲めない状況が続く店長小杉ですが、某メーカーから
いいものが出たのですね。

アルコール0.00%のビール(風味飲料、らいいですが)。

これまでもこういうものはあったのですが、味がどうもビールっぽく
ないように感じられて敬遠しておりましたものの、先日試しに
飲んでみると

「あ、かなりビールっぽい」

・・・そこで、仕事帰りにおつまみと一緒に何缶か買って帰ったのですよ。

テレビにビールにおつまみ、ささやかですが平和な時間では
ないですか。こういう日に感謝の気持ちを忘れてはいけません。

家に帰ってテレビをつけ、とりあえず一缶は開けて残りを冷蔵庫に
しまおうとドアを開けたところですね

「!!!!!!!!!!」

一気に部屋中に立ちこめる強烈な異臭。
叩きつけるようにドアを閉め、窓を全開にしてベランダに避難しまして。

もはやこの世のものとは思えない臭いです。

「ひょっとしてテロ?何かの罠か?」

しかし、狙われる理由がわかりません。
特に国の要人というわけでなし、国家機密を知っているわけでなし、
恨み、反感を買ったとしても命まで狙われるような覚えはございません。

落ち着け、落ち着くんだ、とタバコに火を点けまして。

「・・・あ。」

自宅で滅多に飲み食いをしない店長小杉、冷蔵庫を開けるのは
下手をすれば今年に入って数回程度かもしれません。

昨年末ごろでしたか・・・このつれづれにも書きましたね、「ぬか床」を
作ってお漬物を作り始めた、と。そしてまあ周囲の大方の予想通り、
ひと月も持たずに飽きてしまい、そのままぬか床は冷蔵庫に放置。

それです。

一緒に入れた大量のにんにくなどで、もはや発酵だとかそういう生ぬるい
レベルを通り越してしまい半分生物兵器のようになってしまった私のぬか床。

ぬか床を美味しくするには愛情を注がなければダメだといいます。

しかしながら、できることなら愛情はぬか床よりは女性、それも可能なら
仲間由紀恵さんに注ぎたい、という気持ちからか綺麗サッパリ爽やかに
忘れてしまっておりまして。

申し訳ない。

で、若干臭いの残る部屋で一晩、ぬか床と私の関係修復について考えては
みたのですが、残念ながら翌朝処分させていただきました。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで・・・。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す