「ジョギングを始めるまでの個人的な流れ」 2008年11月18日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
最近「・・・を始めました」と色々書きつつ、その総てにことごとく
挫折しているSeoulLife Records店長の小杉です。

いいんです、皆さんが何かに挫折した折にでも、「店長小杉よりは
マシなんだから」という心の防波堤になれればと思うのです。

そんなこんなで、最近また始めたことがですね

「ジョギング」

で、ございます。

30半ば独身彼女無し、これからは健康にも気を遣っていかなければ
この孤独に耐える力も出てまいりません。その努力でもって彼女を
作るなり何なり、というお話もございますがまずは小さなことから
コツコツと、という感じでございます。

まずは形から、とジャージを購入いたしまして。
冒頭で書きましたように挫折の危険性は常に頭にあるため、いつ挫折
してもかまわないように特売の激安ジャージでございます。

「始める前からやめる時の事を考えている時点で負け」

という知人の言葉は無視いたしまして。

「だって自分がどの程度の人間かよく知ってるし」

「じゃあ聞くけど理想のタイプは」

「仲間由紀恵」

「自分の程度を知ってるとは思えないよね」

という会話があったのは内緒の話でございます。
早速先日近くの河川敷に行きまして。ここジョギングのコースとしても
使えまして、地面に「現在何km」という標識が書いてあるのですね。

学生時代、陸上部に「居たこともある」店長小杉、若干足には自信が
ございまして。その頃1500m、3000mなどの中距離を走っておりました。

ウォーミングアップをして走り始め・・・

2kmも走ったかな?もう充分かも知れないと思った頃、地面の標識を
みて愕然としました。

「500m」

・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す