「ガラガラ抽選を50回以上回した結果」 2008年8月22日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
懸賞、ギャンブル、宝くじなど”当てもの”に滅法弱いところのある
SeoulLife Records店長の小杉です。

一通りやってはみた事はございますが、まあ見事なほど運が無い
というか、当たりません。

例の6億円当たるナントカ、というのも買ってはみました。
まあベタなお話ではございますが、「当たったらどうする?」
というのはさすがに考えるところではございます。

・いきつけの某牛丼チェーンで「うな牛」の特盛りを頼む
・いきつけの某ラーメン店で「トッピング全部」と言ってみる
・いきつけの某カレー店で「一番大きなやつ」を頼む

と、いうような事を知人に話したらばですね、
「俺がおごってあげようか?」と蔑んだ目で見られまして。

まあ、6億円と言われましても庶民のワタクシにはちょっと
想像のつかないところです。具体的に使い道を思いつくのは
6万円くらいまででしょうか・・・。

で、先日なのですがより現実味のある”当てもの”がございまして。

知人が大きな買い物をしたらしく、「500円つかみどり抽選券」
を100枚以上もらってきたのです。ただ、これで100回つかみどりが
できるわけでは当然なく、ガラガラ(何ていうのでしょう?
クルクル回すと小さな玉の出てくるアレです)の抽選で
当たれば、というお話なのですね。

知人と手分けしても50回以上ずつ回せます。
これなら店長小杉でも当たりそうです。
そして500円玉のつかみどり、これまた心躍るお話です。
財布から小銭を出して試してみると、おそらくこれは
1万5千円くらいつかめてしまうような気もします。

そういう訳で、回しに回した57回!

総て外れました。

ふと抽選会場の横の壁を見ますと、「1等500円玉のつかみどり
は当選枠総て出たため終了しました」。

・・・夢よ、ありがとう!

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

タイトルとURLをコピーしました