「バンドの自己顕示欲とチケットノルマ」 2008年7月4日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
趣味でやっているバンドのライブまで2週間を切りまして、相変わらず
この時期から怯えているSeoulLife Records店長の小杉です。

ちゃんとこなせるのだろうか?
飛んだり(フレーズを忘れる)しないだろうか?
当日体調を崩したりしないだろうか?

小心者の店長小杉は色々と考えてしまうわけです。

とはいえ、SeoulLife Recordsで取り扱っているのは音楽CD。
音楽CDの数だけ、こういう思いをしているアーティストが居るのかも
知れません。しかもそれが職業で、観客の数は比較にならない程多いの
ですから。

店長小杉のバンドなぞ、バンドメンバーのほうがお客様よりも多いと
いうことが、しばしばでなくございます。ステージの上から、
ここに1人、あそこに1人、あ、最初に居てくださったあと1人は
おトイレ?という状態でして。

それでもこのように色々と考え怯えてしまうわけです。

これは私に限ったことではなく、何故かバンドメンバー全員がそうなの
ですね。非常に自己顕示欲の少ない集団といいますか、あまりロックバンド
向きの性格ではない集団なのかも知れません。

そんな我がバンドにメンバーから朗報?がございまして。

「チケット売れた?」

「いや、全然」

「こちらも全然」

と、いうわけでしてこのまま進んだ場合お客さんが居ませんので

「本気でシークレットにしてしまったシークレットライブ」

という体でいこうという事になっております。
観客0ならさすがにステージで緊張することはございません。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す