「体重500何十キロの男性、200キロダイエットしたものの外出できず」 2008年3月21日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
大相撲で外国人力士を応援したいような、したくないような、
それでも春日王(韓国出身)だけは何となく応援してしまう
SeoulLife Records店長の小杉です。

元々ラジオ派(AMです)な店長小杉ではございますが、大相撲や
ニュースなどは最近少しずつ見るようになっておりまして。

そんな中、個人的にちょっと衝撃のニュースがございまして。

「体重500何十キロの男性、200キロダイエットしたものの外出できず」

これでございます。

ギネスに載っている人のようですね。
店長小杉のジャスト10人分くらいの体重の方でございます。

で、この方が彼女を連れて外に食事に行きたい、ということで
200キロのダイエットを敢行、ようやく出られそうという時に
外出用のベッド?か何かの支柱が折れて結局外出できなかった
という事でして。

まあ、200キロ減っても体重が300キロ以上あるわけなので、
外出も簡単な事ではないと思うのですが、店長小杉の受けた衝撃は
減った体重でも残った体重でも結局外出できなかったという事でも
ございません。

「彼女、いるんですか!?」

・・・体重がネックで外出できない方のハズでございます。

外出ができないのに、バンバン外出できる店長小杉がここ数年
バンバン外出しつつもできないことを成し遂げておられると。

ゼヒにお話を伺いたい。

秘訣は何ですか?
店長小杉にもできることですか?
あんまりお金かかりませんか?
30過ぎてても大丈夫ですか?
喫茶店の店員さん相手でも使えますか?
最近紅茶派なんですが、コーヒー店で紅茶を頼むのは店員さんに失礼ですか?
店員さんがお釣りの時に手を添えてくれるのは、何かのサインですか?

などなど・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す