「初めての競馬場体験」 2008年3月11日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
週末初めて「競馬場」なるものに行ってきて、初めて馬券なるもの
を買ってみたSeoulLife Records店長の小杉です。

「単勝、複勝ってナニ?」

という知識で100円ずつ賭ける、という競馬場の方からしてみると
面倒なお客さんだったかも知れませんが。

で、6レースを見まして1回300円を当てまして。
実際に馬を見て、その馬に賭けて、なおかつ当たるというのは
結構嬉しいものですね。

ええ、トータルではもちろん惨敗ではございますが、100円ずつ
ですので損も得もたいした額にはなりません。

いい天気の中、芝生の中を走る馬をみてノンビリできるという
意外にいい体験でございました。

そこでふと、eoulLife Recordsも馬と同じようなところがあるなと
思ったのですね。

「my rakuten」の購入履歴から「商品レビュー」を書けることを
皆さんご存知でしょうか。

これは商品の紹介のみならず、

「SeoulLife Recordsに一票!」

的な意味もあるのですね。

まだまだ至らないところも多いショップではございますが、
「SeoulLife Recordsのお買い物もまあまあ楽しいな」と思われた方、
お時間のある時にでもゼヒ、書いていただければ幸いでございます。

ちなみに競馬は最終レースで1頭が落馬、そのまま騎手不在のまま
ゴールした後、コースをさらにもう1周走り続けるというハプニングも
ございまして

「・・・あの馬、何だか小杉に似ているな」

という評価を受けまして。

これは褒められているのかけなされているのかどちらなんでしょうか。
”レースへのガッツ”が似ていると思いたいところなのですが。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す