「お寺のちょっとしたお祭りの出し物」 2007年11月6日配信号

[つれづれ。。。]
☆―――――――――――――――――――――――――――――
週末、甥っ子と一緒にお寺のちょっとしたお祭りのようなものに
行ってきたSeoulLife Records店長の小杉です。

甥っ子もぽつぽつ言葉を覚えてきたのですが、残念なことに最近
覚えた「イヤ」「キライ」を私に向かって連発するのですね。

私も負けじと甥っ子に「キライ」を連発して弟夫婦に

「大人気ないからやめてくれ」

という注意を受けているのですが。
とはいえまあ概ね仲良くやってはいる次第です。

で、そのお寺、お昼前に到着したのですが屋台にフリーマーケット、
それなりに私達も楽しめる内容となっておりまして。

さらに出し物で色々なイベントもあるようです。
演目を見ますと・・・

・フォークソング
・南米音楽
・ヒップホップチームによるダンス
・バリ舞踊
・住職の法話

とまあ、インターナショナルかつお寺の懐の広さが垣間見える
セットリストとなっておりまして。できれば総ての流れを
楽しんで帰りたかったところではありますが、やはりそこは
子供連れ、まあそこそこに楽しみつつたこ焼きを頬張って
終わり、という感じではございました。

わざわざメールマガジンで書くほどのこともない、
何事もない平和な平和な日曜日、でございます。

最後にありったけの5円玉を賽銭箱に入れるとともに

「ご縁がありますように」

とお祈りすることも忘れてはおりませんでしたが。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す