「女の子からのメールの返事を待つ期間」 2007年6月19日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
ラーメン屋さんで食べ放題のキムチを食べ過ぎてイマイチお腹の
調子が微妙なSeoulLife Records店長の小杉です。

出だし文章からわかるようにこの「つれづれ」、非常に捉えどころ
なく内容のない文章にもかかわらず、不思議なことにガッチリ目を
通して感想を頂くことが少なくありません。

お返事はなかなか書けないのですが、先日は私のお気に入り(の
女の子が働いていた)喫茶店に行かれたというメールをいただき
ました。

残念ながらお気に入りの女の子は卒業してしまってもう居ないの
ですが・・・。

ですが・・・

その隣に新しく喫茶店ができまして、そこの女の子の笑顔がまた
ステキなのですよ。ええ。

「また喫茶店の女の子?」

というツッコミはもうイヤほど浴びました。
ごもっともでございます。

昔、済州島の喫茶店の女の子にメールアドレスを聞いて、メールを
出したものの返事が来なかった、という文章をこのつれづれで
書いた記憶がありますが・・・

SeoulLife Records韓国事務所の近くにも喫茶店があるのですね。

ええ、今まで書きませんでしたがそこの女の子からも返事が来ません。
・・・返事を待ち続けてかれこれ2年になりますか。

そういうワケで、インターナショナルに喫茶店の女の子に人気の無い
状態が続いておりますが、しばらくまたそのお店に通ってしまいそうな
雰囲気でございます。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す