「病院で色々と先読みされた結果」 2007年4月2日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
先日珍しく身体に違和感を覚え病院に行った折、運動不足だけを
指摘されてすごすご帰ってきたSeoulLife Records店長の小杉です。

ここ10年ばかり、昨年の親知らずの抜歯を除けば健康にはまったく
問題がなかったのですが、これは丁度いい機会とばかりに行って
みたのですが・・・

お医者さん曰く、いたって健康そのもので治すべき所がどこにも
見当たらないそうで。

とはいえ違和感はあるものですから、帰り際に一番好みの看護婦
さんに

「僕・・・どこが悪いんでしょうか」

と聞いてみたのですが、鼻で笑われて放置でございます。

おそらく看護婦さん的には「頭か顔、もしくはその両方」という
結論のもとでのこの反応ではないのかと思うと、夜も眠れません。

それを見越してか「別にどこも悪くないんですが、もし寝つきが
悪いようだったらこれを飲んでくださいね」と安定剤を4錠ばかり
くれたあたりはさすがお医者さんです。

アフターフォローも完璧です。

そういうわけで、次回もし何かあればこのお医者さんに行こうか
と思っているのですが、嬉しいような悲しいような、なかなか
病気にはなりませんもので・・・。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す